猫力

写真拡大

そんなつもりはなかったのに気がつけばネコと暮らしているという人は案外多い。適度な距離を保ちながら、ここぞという時にスルリと懐に入ってくる、ネコの不思議な魅力、魔力だ。

2月22日はニャンニャンニャンの語呂合わせで「ネコの日」だ。今年もテレビのバラエティ番組でいろいろなネコが紹介されていた。美しい姿、かわいい仕草や表情をとらえた写真集も多いが、BOOKウォッチでは、ネコの不思議な力、ネコとのふれあいをテーマにした本を3冊ピックアップした。

J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」http://www.j-cast.com/bookwatch/でも特集記事を公開中。

ネコはうつ病の名医!?

医学的・科学的なしっかりとした根拠があるかどうか別にして、ネコのおかげで、うつ病がよくなったと信じる人がいる。『猫力』(著・仲村清司、漫画・松野和宏、1188円、アスコム)は、著者の体験をコミック仕立てにしたものだ。

重度のうつ病だった仲村さんは、ある日お見合いをする。お相手は人間でなく、捨て猫だった。「妻」として迎えられ「向田さん」と名付けられた黒白の子猫は、なぜか京ことばを話した。共同生活がはじまり、向田さんの成長とともに、気がつけば、うつの症状も軽減されていて......、最後はなぜ向田さんが京ことばを使うかの種明かしがあったり、もうひとつ別のオチがあったりと、読みごたえあるストーリーだ。

著者が沖縄在住ということで、沖縄の野良猫(島猫)に関するコラムも満載されていて楽しい。

ネコが導くサクセスストーリー

『猫なんかよんでもこない。』(著・杉作、972円、実業之日本社)はひと言で表現するなら、冴えない男がひょんなことからネコを飼い始めた、その日常を描いた漫画だ。日常に潜む小さなドラマの積み重ねを淡々とていねいに表現した独特の世界観がある。

ある日、同居していた兄がネコを2匹拾ってきた。「クロ」と「チン子」と名づけ、成り行きで世話係になった主人公。兄は故郷へ帰っていったので、アパートの一室で男ひとりとネコ2匹の貧乏暮らしが始まる。プロボクサーとして世界を目ざすも挫折。アルバイトをしながら今度は漫画を描き始めるが、ボクシングを題材にした話は評価を得られない......。

ところが、身近にいるネコを漫画にしたところ、賞をとり、連載がはじまり、書籍になって版を重ね、2016年に映画化されることが決定した。作者の貧乏時代の心のよりどころ、支えになったのがネコたち。猫力?で「成功」を収めたことは間違いない。

心温まるファンタジー絵本

『ふたりのねこ』(1296円、祥伝社)は、画家ヒグチユウコさんの、ネコを主人公にしたハートウオーミングな絵本だ。

公園で野良ネコに声をかけられ、拾われた「ぼく」。ぼくが何者なのか直接の説明はないけれど、「ぼくはぼっちゃんにかわいがられていた、ねるときは毎晩同じおふとんだった、かなしいときは、ぼくにかおをうずめてなみだをふいていたこと」などが語られて、ぼくが「ネコのぬいぐるみ」であることがわかってくる。ぼっちゃん探しをする本物のネコとぬいぐるみのネコ、いつしか心が通い合う。それが親子愛なのか姉弟愛なのか......「ふたり」は家族になっていた。

筆者の息子さんが大事にしているネコのぬいぐるみ「ニャンコ」と、公園に住む野良ネコをモデルに、出あいと別れを描いた、切なくも心温まるファンタジーである。

オリジナルバッグ付きの絵本として2014年3月に発売され、直後から大反響を得ていたものが、描き下ろしのカバーで12月に再登場した。