海辺の雰囲気でリラックス

写真拡大

ホテル日航東京(東京都港区)は、2015年4月1日から6月30日に開催するシーズナルフェア「Sea Breeze Terrace(シーブリーズテラス)」と連動し、ホテル内のスパ施設「SPA然 TOKYO」で、スパプログラム「Under the Sky(アンダー ザ スカイ)〜潮風を感じて〜」を販売する。

軽食付きでスパ施設も利用できる

「SPA然 TOKYO」は都内にありながら海辺のリゾート気分を味わえるホテルスパ。海を臨むテラスに、洗練されたデザインが魅力的なデンマーク発のブランドNORDISK(ノルディスク)のテントを設置。3つのコースから選べるアロマトリートメント60分と、パーソナルストレッチ30分+ハンドリフレッシュ10分の2種類のスパプログラムを展開する。優しい潮風や暖かな日光、船の汽船やカモメなど、自然に抱かれたような開放感が癒しになるという。

プログラムの後は海辺の絶景が楽しめるリラクセーションラウンジで美肌プレートの軽食が食べられる。プールやジムのあるスパ施設も利用可能。アロマトリートメントは1万8000円(税・サービス料別)、ストレッチは6000円(同)。