「サラリーマン川柳」投票受付中

写真拡大

第一生命保険は、日常の何気ない出来事を、ユーモアを交えて表現する「サラリーマン川柳コンクール」の2014年入選作品100句の中から、ベスト10を決める投票を2015年2月23日から3月20日まで受け付ける。

累計応募数は100万句突破

1987年から始まって28回目を迎えた「サラ川」。人気イベントとなってからも久しいが、今回の応募は4万138句と、前年の3万3605句を大幅に上回り、第1回からの累計応募数が今年で100万句を超えた。

第28回コンクールの入選100句に選ばれた川柳は、「ありのまま」や「壁ドン」など、2014年に話題となった流行語や新語を取り入れたユーモアある作品が並ぶ。第一生命では、この中からベスト10を投票で決めるキャンペーンを実施。投票した人の中から抽選で1万5000円相当のグルメカタログギフトなどをプレゼントする。投票は所定の用紙を使用するか、インターネットを通じての受け付けとなる。

投票期間中は、東京都千代田区有楽町にある第一生命・日比谷本社1階の「第一生命ミュージアム」で「サラリーマン川柳で振り返る2014年&『サラ川』ヒストリー展」を実施。同年の出来事をまとめたパネルや、過去のサラリーマン川柳ベスト10作品と当時の出来事や流行などを年表形式で展示する。