ワール丼カップ

写真拡大

 全国丼連盟は、丼から福井県の魅力を発信する「福丼県プロジェクト」と共催して、第1回『ワール丼カップ』を、3月14日と15日に開催する。

 同イベントは、全国から自慢の丼が一堂に会し、丼文化の魅力を一丸となって全国に発信しようと試みる食の祭典。初開催となる今回は、全国の丼優良店を選出する「全国丼グランプリ」金賞受賞店舗や、丼による地域おこしを推進する「全国地域おこしご当地丼会議」に参画するご当地丼団体、福井県内で丼振興を推進する団体など、合わせて20店舗が福井駅前電車通りに集結する。

 開催地となる福井県は、2014年9月29日に全丼連より「丼の聖地」として認定され「福丼県」と改名。福丼県は同連盟が提唱する「丼ツーリズム」のモデルエリアとして、様々な施策を実施している。

 入場料は無料。丼は一杯400円〜1000円程度となっている。