<ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン 最終日◇22日◇ザ・ロイヤル・メルボルンGC(6,479ヤード・パー73)>
 リディア・コ(ニュージーランド)は最終日、素晴らしいプレーを見せて、“71”の2アンダーを記録し、通算9アンダーでフィニッシュした。18歳未満のプレーヤーが米国女子ツアーで優勝したのはこれで7度目。そのうち6回はコが挙げている。
リーダーボードで今週の結果をチェック!
 しかし、コの1日は順調とはいえなかった。初めは調子が出ず、1番でボギーをたたき、さらにパー5の2番でも約2メートルのバーディーパットを外した。その時点でリードを奪われる。だが、コが後ろにいると、その首位の座は常に脅かされている。今までも彼女は日曜日に4度逆転優勝を果たしているからだ。そして今日も、コは次の3番・パー4で、この日のベストショットとなるピッチショットを決め、見事なイーグルを奪った。ロイヤルメルボルンは大歓声に包まれた。
 「最初の2ホールで3パットしてしまった。最終日は良いプレーをしなければいけないので、あまり理想的なスタートとは言えなかった。ただ3番は非常にうまくいったわ。ホールに入っていくのはあまり良く見えなかったけど、お客さんが拍手していて、ボールがカップに近づくにつれ、その拍手はどんどん大きくなっていったの。良いショットだったし、このラウンドにおいて大きな助けになったわ」
 エイミー・ヤン(韓国)は粘りを見せた。雷のため45分間による中断があったとき、コとヤンはそれぞれ9番と10番にいた。その時点で首位タイのヤンは、10番で2メートル40センチのイーグルパットを残し、コは難しいパー4の9番でプレーを始めるところだった。流れはヤンに傾いていると思えた。しかしプレー再開後、ヤンはパットを外し、そこからはコの独り舞台。コはパー5の10番でバーディーを決めると、続く最も難しい12番のパー4でも見事なバーディー。ヤンは15番と17番でボギーをたたき優勝争いから脱落したものの、最終日を“72”で回り、2打差のフィニッシュとなった。
 「リーダーボードを見るたび、エイミーが次々とバーディーを決めていたので、『しっかりプレーしてバーディーを決めていかないと』と、思ったわ。とても安定しているプレーヤーで、ここの速いグリーンでも素晴らしいパッティングをしていたので、突き放すのが難しいことはわかっていた」
 コはツアー通算6勝目を地元ニュージーランドで祝うこととなる。帰国は偶然だが、彼女にとっては完璧なタイミングとなった。ニュージーランドオープンに参戦するため、今週ニュージーランドへ帰り、その翌週はシンガポールへ飛び、「HSBC女子チャンピオンズ」に出場する予定だ。
 「嬉しいわ。姉もいるし、母もいるし、エージェントもいる。おいしいものを食べたいわ。母国に帰れるというだけで自分にとっては大きなこと。去年もネイプルズで優勝したあとニュージーランドに帰り、今回もまた優勝後に母国に帰れる。それが私にとって一番のご褒美だわ」
 ある選手が世界ランク1位になると、まずそこからどのようなプレーを見せ、どれだけ長くその位置にいられるかという興味がわいてくる。コの年齢はその好奇心をさらに駆り立てる要素となった。しかしナンバーワンになって3週間、コはそのポジションに動じておらず、1位の座をガッチリと固めている。
 「世界ランク1位になることに自分がどう反応し、どうプレーするかをたまに想像はしていたものの、わからなかったわ。世界ランクで2位、3位、4位と近くまではいっていた。そして、オカラ(コーツ・ゴルフ選手権)では勝てなかったけど、そこの結果で1位になった。バハマでも最初の2日間は普通のデキだったけど、その後は調子が出てきたの。世界ランクのことを考えなくても、自信を持てば良いプレーができるということがわかったのは良いことよ」
 なお、アリヤ・ジュタヌガーン(タイ)は通算4アンダーで、2戦連続のトップ3入りとなる3位でフィニッシュ。ジェニー・シン(韓国)、イルヒー・リー(韓国)、シェラ・チョイ(韓国)がそれぞれ通算2アンダーで4位タイにつけた。
※USLPGA公式サイトより提供
<ゴルフ情報ALBA.Net>