ファースト写真集の発売する浅田舞。その美BODYが大覚醒!

写真拡大

フィギュアスケート選手で、現在はスポーツキャスターからバラエティ番組まで幅広く活躍する浅田舞(26歳)。彼女の初めての写真集が3月23日に集英社から発売されることが決定した。

昨年12月に『週刊プレイボーイ』でグラビアデビュー。元トップアスリートならではの引き締まった“美BODY”が男性ユーザーだけでなく、女性からも大好評で反響も絶大だった。彼女自身は、グラビア出演のきっかけをこう語る。

「26歳になって、なかなか新しいことにチャレンジする機会が減っていたんです。だったら、ドキドキしたり緊張したりすることを楽しめればと思ってグラビアに出ました。いくつになっても“やろう!”という気持ちを大切にしたいです」

今回、発売される写真集の撮影はグアムとキューバで行なわれた。この写真集ではビキニやワンピースなどレアな水着姿も披露している。初グラビアを撮影した時の印象は?

「どこに立つの? どっち向くの? まったくわからないんです(笑)。最初は衣装が濡れないよう注意してたのですが、びしょびしょになってしまって。でも、それで吹っ切りました」

撮影された自分の画像を見た時の感想は?

「“あ!”って感じ(笑)。なんか自分じゃないみたいな印象でした。“私、こんな顔するんだ”と、いろいろな表情の自分にびっくりしました。浅田舞という人間をしっかり撮影してもらえたので、すごく嬉しかったです」

そんな彼女だが、初めてグラビアの仕事をオファーされた時は戸惑ったという。

「やっていいのかな? やってどうなるんだろう。グラビアをやった後にどう言われるの? もう不安だらけでした。ほぼネガティブなことしか考えてませんでしたね。でも、今の心境は“やってよかったー!”のひとことです」

その理由は?

「ふたり姉妹のお姉ちゃんで、普段は“凛(りん)”としたイメージを持たれることが多い。だけど、素顔の自分はそんなことありません。大声で笑うし、失敗もします。そんな私の素の表情がいっぱい詰まったのが今回の写真集です。私自身が嬉しかったし、写真集を見た方々にもそれが伝わればと思っています」

2月23日発売の『週刊プレイボーイ』10号には、初グラビア撮影のメイキングDVDも特別付録となっている。動画でも、浅田舞の素の表情、そして覚醒した“美BODY”が楽しめる内容なので、こちらも必見です!

『週刊プレイボーイ』10号ではメイキングDVDを特別収録、こちらも配信中!

http://www.grajapa.shueisha.co.jp/

(取材・文/週プレNEWS編集部 撮影/熊谷 貫)