2月20日にスウェーデンのファルンで行なわれた世界ノルディック選手権女子ノーマルヒル。1本目9位と不本意なジャンプをしながらも、2本目には93mを飛んでトップのお立ち台に立っていた高梨沙羅(クラレ)が両手を叩いて喜んだのは、1本目4位の伊藤有希(土屋ホーム)が93mを飛んで自分の得点を上回った瞬間だった。

「メダル圏内に入ったと思ったから、感動し過ぎて涙が出て来ちゃいました。一緒に戦ってきたチームの仲間だし、私はずっと有希さんの背中を見てこの女子ジャンプで育って来たので......。私が初めて海外遠征に行った時もわからないことをすごく丁寧に教えてくれたので、本当にすごいお姉さんです」

 その後は、1本目2位でソチ五輪女王のカリーナ・フォクト(ドイツ)に92mを飛ばれて1.8点差だけ上回られたが、最終ジャンパーのダニエラ・イラシュコ(オーストリア)は2本目8位の89mに止まり3位に。伊藤の2位と高梨の4位が確定した。

 所属する土屋ホームの監督でもある葛西紀明は「今日は飛ぶ前からメダルを獲りそうな予感がしてウルウルしていたんです。1本目のジャンプは上にある選手キャビンのテレビで見ていたけど、2本目は『メダルは確実だな』と思ってブレーキングトラックまで降りてきたんです。コーチのヤンネ・バータイネンが2本目は完璧なジャンプだったと言っていましたね。メダルが確定した瞬間にガッツポーズをしたら、涙がボロボロ落ちてきました」と苦笑する。

 だが伊藤は「イラシュコが飛ぶ前は『銅メダル』と思っていました。そうしたら色が変わって銀になったので『嬉しいな』と思ったけど、『別に泣くほどじゃないな』と思っていたら、葛西さんが泣いている姿が見えて......。葛西さんが泣くのを見るのはソチ五輪の時以来だから、ビックリして何かもらい泣きしそうになりました」と明るく笑う。

 ファルンへ入ってからの最初の公式練習だった18日は、高梨が3本とも2位の飛距離を飛んでいたのに対し、伊藤の1本目は空中で前傾し過ぎてしまう癖がでて4番目の88mだった。だが2本目にはそれを修正して最長の95m、3本目は92mで4位という結果だった。

 そして、前日の予選の試技は強風で中止になり1本だけになったが、「葛西さんもジャンプ台にあまり慣れ過ぎないようにしていると言うけど、私も慣れてしまうと踏み切りギリギリまで待って、遅れてしまうタイプなので。今日はジャンプが1本キャンセルになったことをいい方に考えていこうと思っています」と不安がることもなかった。

 2位3回と3位2回を記録した昨シーズンと違って、今シーズンのW杯では、表彰台に上がれていない伊藤だったが、今大会は体調も含め最もいい状態に仕上がっていた。

 葛西や伊東大貴(雪印メグミルク)と同じ北海道下川町生まれの伊藤。父親の克彦さんはW杯に出場したことのある複合選手で、下川ジャンプ少年団や下川商業高校のコーチとして、伊東などを育てた人物。小さい頃からジャンプを始めた伊藤は小学6年で大倉山のラージヒルを飛んだ元祖・天才少女ジャンパー。12歳だった07年3月のコンチネンタル杯蔵王大会で、史上最年少表彰台を達成した時には"スーパー中学生"と呼ばれ、11年の同大会では初優勝も果たしていた。

 だが高梨沙羅の登場以来、彼女の存在感は若干薄れてしまった。「日本では向かい風が吹くジャンプ台しかないから、向かい風用のジャンプになってしまっていた」と話すように、空中で前傾してしまう癖があり、追い風が多い海外の大会ではなかなか結果を出せなかったからだ。

 下川商業高校を卒業して土屋ホームに入ってからは、その弱点も徐々に克服して、昨シーズンのW杯表彰台やソチ五輪の出場にもつながった。

 しかし結果は7位。高梨の陰で、さほど注目されることもなく伊藤のソチ五輪は終わった。

「ソチ五輪で一番学んだことは、悔しさでした。会社の方やスタッフなど周りの人たちのお陰で五輪に出させてもらえて感謝の気持ちでいっぱいでしたが、結果で恩返しすることができず、悔しい気持ちでいっぱいになりました。それで強くなるためにはどうしたらいいかを考えて、去年の夏は内容の濃いトレーニングができた。自分はけっこう陸上トレーニングが苦手でパワーもスピードもなかったけど、それを付けていくにはどうしたらいいかを葛西さんやスタッフに相談しながら考えて、追い風の中のジャンプでも空中で浮力を受けられるようになることを意識したトレーニングを増やしてきました」

 その効果は今シーズンのW杯ではなかなか出ず、表彰台にも上がれていなかった。だが世界選手権へ向けて徐々に体調も上がり、自信が持てるようになってきた。そしてファルンへ入ってからは、直前のW杯が行なわれたリュブノのジャンプ台に苦しんだのとは違い、飛びやすいジャンプ台だったこともあり公式練習から試合まで、ジャンプの1本1本を楽しむことができたという。そんな気持ちが大舞台での銀メダル獲得につながったのだ。

 2年前の世界選手権の個人戦は20位だったが、正式種目に初採用された混合団体では、金メダルを獲得。その時は「私は脚を引っ張ってばかり。次に飛んだ大貴兄ちゃんの大ジャンプに助けてもらった」と涙をボロボロと流していた。

 だが今回は22日に行なわれる混合団体で、脚を引っ張るのではなく、自信を持って連覇へ臨むことができると微笑む。

 女子の決勝後にノーマルヒル予選を飛んだ葛西は、「嬉し過ぎて自分のジャンプに気持ちが入りませんでしたよ」と笑いながらこう続ける。

「有希が頑張ってきたことを全部見ているし、僕と同じような辛い思いもしていましたから。去年の五輪でも悔しい思いをしていたし、夏も負けてばかりで万年2位(高梨に次ぐ)と自分でも思っていただろうし、本当に悔しかったと思う。でも今シーズンのW杯の前半戦では風も当たらなくて表彰台には立てなかったけど、僕は力がついたと思って見ていたので。その経験で精神的にも強くなって、必ずメダルを獲ると思っていました」

 今回の試合を振り返れば、これまでとは違う僅差の戦いだった。1位のフォクトと伊藤の得点差が1.8点だっただけでなく、5位までが10点差以内。踏み切りを見てもほとんどの選手が上半身を無駄に動かさない技術を身につけるまでになっている。世界の女子ジャンプのレベルが、五輪種目になったことで一気に上がっているのは確かだ。高梨ダントツという状況は変化しつつある。

 そんな中で日本女子ジャンプにとって、高梨だけではなく伊藤も一気に頭角を顕したのは貴重なことだ。高梨も孤独な戦いを強いられることもなくなり、なおかつふたりの競り合いが、さらなる日本女子ジャンプのレベルアップにもつながる。

 伊藤の銀メダル獲得は、次の平昌五輪へ向け、大きな力になるはずだ。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi