貯まらない女子必見! 「500万円以上貯めている女子」が、絶対にやらないマネー習慣5つ

写真拡大

仕事帰りについついコンビニでスイーツを買ってしまったり、ボーナスが入ったら「自分へのご褒美」として高いものを買っていたりしませんか? その行動、実は「お金が貯まらない女子」の典型かも? 今回は「500万円以上貯めている女子」に「絶対にやらないマネー習慣」を聞いてみました!

■ギャンブルや嗜好品にお金を使わない

・「ギャンブルや宝くじ。損する可能性のあることには手を出さない。大きく増えなくてもいいので」(31歳/学校・教育関連/技術職)

・「ギャンブルやお酒やタバコ。基本的にあまり好きではないけどけっこうな出費になると思うから」(31歳/不動産/専門職)

・「ギャンブルや賭け事。楽しくないし、どうせ増えないので、あまり興味がない」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

回答が多かったのはギャンブルや宝くじ、お酒やタバコなどに手を出さないという方法でした。リスクの高いものや、生活必需品ではないものにはあまり手を出さないことがお金を貯めるコツかもしれません。

■コンビニではなくスーパーで買い物

・「コンビニにあまり寄らない。スーパーのほうが安い」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「コンビニでの不必要な買い物をしない」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

便利なコンビニは、行くとついつい「あれもこれも」といろいろ買ってしまいがち。値段で考えると、スーパーのほうが安く買える場合がありますよね。

■手数料を払わないように気をつける

・「クレジットの分割などの無駄な手数料を払わない。もったいないお金の使い方なので」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「手数料がかからないところでしかお金をおろさない。定期・定額預金を利用する」(27歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

休日や平日の深夜などに現金をおろしたり、クレジットを分割払いにすることで、払わなくてもいい手数料を支払う必要のあるケースが出てきますよね。お金をおろすのは平日昼間にするとか、手数料のかかる分割払いはしないなど、極力、手数料を払わなくていい支払方法を心がけることも大事です。

■衝動買いをしない

・「衝動買い。増えたものをいずれ処分するのが面倒だから」(29歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「高いものは衝動買いしない」(28歳/医療・福祉/技術職)

・「衝動買いとかないです。やったあと、すごく落ち込みそうだから。部屋もすっきりさせておきたいし、余計なものは買わないです」(30歳/金融・証券/専門職)

あこがれのブランドバッグ、気に入ったデザイナーもののワンピース、ふらっと入った店で見つけた素敵なジュエリーなど、ついつい高いアイテムを衝動買いしてしまう女子も多いのでは? 「お金を貯められる女子」は計画的にお金を使うので、衝動買いはしないようですよ!

■自販機で飲み物を買わない

・「無駄な使い方はしない。自販機で飲み物は絶対買わない」(33歳/不動産/事務系専門職)

・「自販機でジュースを買ったり、コンビニでお菓子を買うといったちょこちょことした浪費」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「自動販売機で毎日飲み物を買うこと」(27歳/商社・卸/事務系専門職)

細かいことかもしれませんが、毎日会社の自販機でちょこちょこ飲み物を買っているとそれなりの出費になりますよね。そんな「ちょっとした出費」も重なれば「大きな出費」になってしまいます。

「お金を貯めている女子」が絶対にやらない習慣について、いろいろな方法がありました。共通して言えるのは「無駄な出費をしない」ということ。徹底した自己管理と支出の把握が必要です。まずはできるところからはじめてみませんか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年2月にWebアンケート。有効回答数265件(22歳〜34歳の働く女性)