就活をテーマにした小説が誕生した。作家で人材コンサルタントの常見陽平氏が激賞する。

 * * *
 超絶面白い本と出会いました。採用活動の現実がわかる小説です。『あの子が欲しい』(朝比奈あすか 講談社)がその本です。著者の朝比奈あすかさんは第49回群像新人文学賞の受賞者ですね。いくつかの新聞の書評欄で紹介されていたので、気になって購入しました。

 この本は新進のIT企業である株式会社クレイズ・ドットコムに勤務するヒロイン川俣志帆子が、採用チームの仲間とともに取り組む様子が描かれています。

 この「小説」、本当は「ノンフィクション」なのではないですかね? 読んでみて、いきなり、そんな「文句」を言いたくなりました(冗談です)。それくらいリアルに今どきの採用活動と就活、採用担当者と学生を描いています。あまりにも採用活動・就活の「あるある話」がいっぱいで、最初から最後までニヤニヤしながら読んでしまいました。

 採用活動のために、2ちゃんねるなどのネット掲示板を覗く、時には書き込みをして話の流れを変える、Twitterのフォロワー数を増やそうとするなど、ネット時代の採用活動でよくあるシーンも生々しく描かれています。「そんなこと、しているのかよ?」とか「所詮、小説だからでしょ?」と思うかもしれませんが、いえいえ、全部よくある話なのですよ。

 最後の方に出てくる、この企業の合格者数、内定受諾者数、内定辞退者数なども、本当にこの業界、規模の企業でよくありそうな数字で、びっくりしました。本当の数字を持ってきたかと思いましたよ。

 ネタバレになりますので、多くは語りませんが、終盤の学生を口説き落とすための心理戦は圧巻です。なんとか「ウチの会社」に来てもらうための駆け引きですね。これもですね、よくあることなのですよ。さらには、最後には、いわゆるFランク大学に通う学生が、行きたい企業の内定に至るための裏ワザ(いや、正攻法の直球勝負とも言えますが)も紹介されています。お楽しみに。

 採用担当者の私生活の描き方も、いま採用に関わっている20代、30代女性にいかにもありそうな話で、リアルでしたよ。

 前述したように、「小説じゃなくて、ノンフィクション、ルポルタージュみたいだな」と思いました。作り話っぽいところがひとつもないのです。でも、小説形式で描くことにより、採用担当者と学生の思惑、心理状態などがよくわかります。学生の立場からだと、理不尽に思えるようなことがなぜ行われるのかも、ストーリーで読むと、理解できるかと思います。

「採用担当者も大変なんだ……」そんなことがよくわかる本なのです。そうなんです。採用担当者は、日々、学生と真剣に向き合わないといけないですし、ネット上の噂もチェックしないといけませんし、社内調整もありますし、なんせ、学生や他社との駆け引きなどもあり、もう大変なのですよ。

 特に今年は、就活時期繰り下げがありますし、数年前に比べると売り手市場化していますからね。どこまでルールを守るのか、いつの時期に採用活動のアクセルを踏むのか、内定辞退リスクをどうするか、フライングしていることがネットで叩かれないか、他社の動きはどうなのか。悩みは尽きません。

「ウチはトップの方針で採用時期を守らないといけない。そんな中、他社に負けないためにはどうすればいいのか?」そんなご相談もよく頂きます。これほど、採用担当者の悩みが多い年はないのではないでしょうか。

 個人的に私は、「内定をもらう」という言葉が嫌いです。内定は互いに決めるものですし、そんなに自分が弱い立場だと思ってどうすると意識の高いことを言ってみたりもしますが、本音を言うと、採用する側からすると「もらう」なんて言葉を使われるのは申しわけないですし、「あげる」「もらう」というよりも、「とれる」かどうかで競っているわけで。何かこう、この言葉には違和感を抱くわけですね。

 学生の皆さん、採用担当者も、悩んでいるのですよ。その弱みにつけこめとは言いませんが、相手の状態をよくよく考えると就活も怖くなくなるものですよ。