投資情報会社・フィスコ(担当・村瀬智一氏)が、株式市場の2月16日〜2月20日の動きを振り返りつつ、2月23日〜2月27日の相場見通しを解説する。

 * * *
 先週の日経平均は上昇。当面の目標だった2007年2月高値を更新し、2000年5月以来の水準を回復した。ギリシャ債務問題やウクライナ情勢に対する懸念はくすぶるものの、メガバンクが連日で売買代金上位となるなど、金融株を中心とした主力大型株が相場をけん引する格好となった。また、日中は狭いレンジでのこう着ながらも、連日ギャップ・アップで始まり、その後もじり高基調が続くなど、先高期待の強い相場展開だった。

 日銀の金融政策決定会合だが、金融政策の現状維持を発表。景気の基調判断を「緩やかに回復」に据え置いた。この結果を受けて若干円高に振れる局面もみられたが、想定内の動きとして神経質になることなく、反対にメガバンク主導で強い値動きが続いた。また、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録では年央と予想されていた利上げの時期が遅れる可能性を示唆しており、こちらも円高に振れる要因となったが、メガバンクの勢いは衰えず、相場をけん引する格好。その他、テーマ物色ではインバウンド関連への資金流入が目立っていたが、1月の訪日外国人旅行者は前年同月比29.1%増の121万8400人(推計)で1月の過去最高となったことが物色に弾みをつけていた。

 日経平均は目先ターゲットとして意識されていた2007年2月高値を更新したことで、いったんは達成感が意識されやすいところである。足元の上昇で短期的な過熱感も意識されやすく、利益確定の売りが出やすいところではあろう。とはいえ、週末の動きをみても、銀行などが上げ一服のなかでハイテク株などの上昇によって日経平均は高値を更新しているため、良い循環が続いているようである。需給状況が良好な中では、相対的に出遅れている銘柄等に資金が向かいやすいだろう。

 また、実質3月相場に入るため、次第に期末を意識した値動きをみせやすい。期末に向けた貸株返却に伴う買い需要への思惑が高まるほか、材料系の銘柄などには期末価格を意識した思惑的な値動きなどもみせやすい。「GPIF法案、提出見送る方向で調整」との報道が上値追いを慎重にさせる可能性があるものの、次第に新年度入りへの期待感が押し目買い意欲を高めてくるだろう。

 今週は24日、25日にイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長が上下両院で議会証言を行う。利上げ開始時期への見方は後ずれしているが、証言内容の解釈次第では為替相場の変動要因となる。また、25日には欧州中央銀行(ECB)のドラギ議長が議会で証言する。28日にギリシャの現行支援プログラムの期限が到来するため、金融不安につながるようだと、上値を抑える要因になりやすい。

 なお、日経平均は2000年5月以来の水準を回復するも、TOPIXについては2009年以降のもち合いレンジ内から脱せていない。2007年高値1823ptとは大きな乖離があるため、メガバンクなどの動向が引き続き注目されることになる。