キャプチャ

写真拡大

■「空撮王に、俺はなる!」とにかく、カンタンに4K空撮をしてみた〜い!
ここ最近、話題になっている、ラジコンで操作する、無人航空機、「Drone(ドローン)」。
代表的な「Drone」を続々と発表している「DJI(ディージェイアイ)」社は、昨年、ハイビジョンカメラ内蔵で、動画をカンタンに空撮できるドローン、『Phantom2 Vision+(ファントムツー・ビジョンプラス)』を発売して、大いに話題になりました。

DJI
http://www.dji.com/ja
そしてこの度、DJI社の「Drone」は、更なるパワーアップを遂げ、初心者向けプロスペック・ドローン『DJI INSPIRE 1(ディージェイアイ・インスパイアーワン)』を発表致しました。

初心者向けなのに、プロスペックなのです。ハイ。



DJI INSPIRE 1
http://www.dji.com/product/inspire-1


DJI Inspire 1 - “Soar”
http://youtu.be/zaHfCHuCedk

今回、なんと商品は、完成済み、フルセットで提供されます。



美しいデザインと強固な筐体が特徴的です。



『DJI INSPIRE 1』は、4Kビデオ/1200万画素対応の静止画を撮影可能なカメラを搭載。しかも、カメラモジュールは取り付け外し可能。



しかも、スマートフォンやタブレットをコントローラーと接続する事により、720pのHD表示でリアルモニタリングが可能です。





で、お値段お幾ら・・・?

DJI社様の、日本正規代理店、株式会社セキド (Sekido Co., Ltd.)様のショッピングサイトによると・・・。

税抜き355,000円。(2/21現在)

セキドラジコンセレクト/DJI INSPIRE 1 フルセット (1パイロット用 [送信機1台])
http://www.sekido-rc.com/?pid=83438061#






寝込んでしまいました。


しかし、魔法使いに掛けられた呪いの為、新しいガジェットを入手し続けていかないと死んでしまうワタシ。
一生に一度だけでも、4K動画空撮を体験してみたいっ・・・!!

ついに、一大決心をして、身辺整理をして、持っているガジェットを手当たり次第全部売っぱらい、馬から落ちて落馬して、なんとか原資の一部を作り出し、清水の舞台から、パラシュート無しでダイブしてポチりました。
(ドローンを飛ばすというのに、『ダイブしてポチる』というのは、此如何に。)


注意:海外の通販サイトで、安い『DJI INSPIRE 1』を見つけても、購入してはいけません。海外の『DJI INSPIRE 1』は、技術基準適合証明(技適)を取れていない為、日本国内で使用すると違法となります。必ず、技術基準適合証明(技適)を取得している、DJI社の国内正規代理店から購入して下さい。


という訳で、『DJI INSPIRE 1』開封の儀、始まり始まり〜!
●『DJI INSPIRE 1』開封の儀!
カナ〜リ、デカい箱が届きました。さあ、開封の儀です。ドーパミン出まくり。

中には説明書一式、ラジコン保険の申込の振込用紙が入っていました。



閑話休題。
日本国内でドローンを飛ばすには、ラジコン保険への加入が、必須と言えましょう。

一般財団法人 日本ラジコン電波安全協会/ラジコン保険
http://www.rck.or.jp/contents/rc_sojyu/rc_sojyu09.html

ラジコン保険は、(一財)日本ラジコン電波安全協会の「ラジコン操縦士登録」(いわゆる協会の会員)をされた会員の皆様方のために設けられたラジコン補償制度で、"不測の事態に万全の備えを"モットーにラジコン操縦士登録者が各位の相互扶助を目的としているものでラジコン保険のみの加入はできません。
 この賠償責任保険は、日本国内でラジコン模型の操縦中に不注意によって他人を死傷させたり、他人の財物を壊した場合、被害者に支払わなければならない法律上の損害賠償金や争訟のための費用をお支払いするものです。


ちなみにラジコン保険申し込みの振込用紙の記入欄には・・・。



技術基準適合証明(技適)を取得した機器に発行される、技術基準適合証明番号の記入欄が有ります。
『DJI INSPIRE 1』は、リモートコントローラー裏面の此処に、技術基準適合証明番号の記載が有ります。



開封の儀の続きです。箱の中から、『DJI INSPIRE 1』のケースが出てきました。



フタを開けると・・・!『DJI INSPIRE 1』様が鎮座されておられました!




「こ・・・これが・・・『DJI INSPIRE 1』!!(思っていたよりコンパクト!)」

その他付属品等。



『DJI INSPIRE 1』本体です!!(プロペラはめる前)



リモートコントローラーです。



プロペラを、説明書に従って、時計回り、反時計回りにそれぞれ回して止めていきます。



組み立てはこれでOK。付属品のACアダプタで、本体用のバッテリとリモートコントローラーを、それぞれ充電します。

●いざ、出陣!


愛車、ダイハツ ウェイクに乗って、いざ出陣!








「さあ、次回、『DJI INSPIRE 1』は、飛ぶや?飛ばざるや?」

・・・まあ、結果的には飛んだんですけど。(笑)





※ 『DJI INSPIRE 1』の記事の執筆に当たっては、株式会社セキド (Sekido Co., Ltd.)様に報告を行っております。
※ 『ラジコン保険』の記事の執筆に当たっては、一般財団法人 日本ラジコン電波安全協会様に報告を行っております。
※イラスト:さし絵スタジオ2 http://www.clip-studio.com/clip_site/download/sashie/sashie_top
※Girlsイラスト:http://furu-yan.jimdo.com/
※撮影:FURU

※この記事はガジェ通ウェブライターの「FURU」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?