後半3連続ボギーでスコアを伸ばせず苦しいラウンド(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<ノーザン・トラスト・オープン 3日目◇21日◇リビエラカントリークラブ(7,349ヤード・パー71)>
 カリフォルニア州にあるリビエラCCで開催中の米国男子ツアー「ノーザントラスト・オープン」3日目。2日目にイーブンパーの26位タイにつけた松山英樹が3日目のプレーを終了。現時点で19位タイにつけている。
 松山は1組目で1番ティからスタート。その1番、初日にイーグル、2日目にバーディとしている出だしホールでバーディを奪うと、3番、9番でもバーディ。前半だけでスコアを3つ伸ばす。
 バックナインに入っても11番パー5でもサードショットをベタピンにつけ、バーディ発進。このままバーディラッシュで上位を捉えたいところだったが、12番。ラフからのアプローチを寄せきれずボギーとすると、そこから13番、14番もボギーとして3連続ボギー。一気にスコアを3つ落とすと、その後はスコアを伸ばせず。4バーディ・3バーディの“70”とスコアを1つ伸ばしたものの、悔しい決勝ラウンド初日となった。
<ゴルフ情報ALBA.Net>