Arena(闘技場)と称する体育館には、各種格闘技の教室がある【撮影/志賀和民】

写真拡大

フィリピン在住17年。元・フィリピン退職庁(PRA)ジャパンデスクで、現在は「退職者の ためのなんでも相談所」を運営しながら、仕事のパートナー一家と一緒に暮らす志賀さんのフィリピンレポート。実の孫のように愛情を注ぐKIANに礼儀と片づけを教えたい! フィリピンでも人気の空手道場体験記です。

 ビジネスパートナー、ジェーンの息子で、私にとっては孫代わりのKIANは、4歳にして幼稚園に通う傍ら、英語の家庭教師、公文、ピアノ教室と親馬鹿チャンリンの典型みたいな生活をしている。テレビマンガばかり見て時間をつぶすよりもよほどマシだと、両親も私も気にかけない。

 今度は、毎週土曜日に通っているマカティスクエアの2階に極真館空手の道場があるのを発見して、さっそく様子を見に行った。

 MAKATI SQUARE ARENAという、もとはボーリング場だったところに各種格闘技の練習場があった。ボクシング、テコンドー、キックボクシング、それに極真空手の看板を発見。その時はボクシングしかやっていなかったが、パンフレットによると、空手教室の入会金はユニフォーム代込みで2000ペソ(約5400円)、月謝は子どもが1000ペソ(約2700円)、大人が1500ペソ(約4000円)で、なんとか賄えそうだ。ちなみに、日本人の月謝はなぜかこの倍だ。

 稽古があるのは月水金の夕方5時からと7時からの2回、1時間半、木曜と日曜が午前10時半から昼の12時までなので、KIANは毎週、日曜に通わせることにした。体を動かすのがなにより大好きなKIANだから、きっと喜ぶだろう。Kidzooona(子供向け娯楽施設)で毎回400ペソ(約1080円)払うより、よほど安上がりだ。

 そのうえ空手や柔道なら、KIANのメタボ気味の体も締まり、礼儀作法も身につけられるばかりか、自分が強いという自信がついて、精神的に強い人間になれるのではないかと期待した。正直な話、公文やピアノはKIANに合っているとはいい難い。しかし学校の成績ばかりではなく、格闘技や音楽も身につけたいというのは、私の子どものころからのあこがれでもあった。

 そんなわけで、私(と両親)の期待を一心に背負って、(お父さんの後を継いで)未来のフィリピン国家警察長官の道を歩むのがKIANの人生なのだ――そのころ私は100歳を超えていて、この目で見ることは不可能だろうが。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)