オタ汁ほとばしる! 世界最強オタクダンサー決定戦の予選レポート

写真拡大

秋葉系オタクダンスチーム・RAB(リアルアキバボーイズ)がプロデュースする、世界初のアニメソングのみで展開されるダンスバトルの全国大会「アキバ×ストリート~世界最強オタクダンサー決定戦~」。

その予選大会が、いよいよ全国各地5ヶ所で開催された。各予選の優勝者(東京予選のみ準優勝者も)ら6名が、3月21日(土)に新宿のFaceで開催されるファイナルに駒を進めることができる。また、同日は当日予選も行われ、そこで選出された2名を加え、計8名で決勝バトルが行われる。

ここでは、全国5ヶ所で開催された、1月17日の東京予選、1月24日の大阪予選、1月25日の大阪予選、2月7日の名古屋予選、2月14日の北海道予選すべてに密着!

ダンスバトルとは?


reakistbest4_A002


ダンスバトルとはDJが曲をランダムに選択し、かかった曲に対してダンサーは一人ずつ即興で踊り、ダンスのみで勝敗を決めていくと言う、まさに筋書きのないドラマにして、瞬間のエンターテイメントのことである。

そして今回の「アキバ×ストリート」は、アニソンを題材にそのダンスバトルを競うという世界初の全国大会だ。

今大会では、パフォーマーをジャッジする際に、基本的には5つの審査基準項目が記載されている。具体的にはダンス力作品愛バトル感オーディエンスキャラクターだ。

reIMG_3770

ジャッジを担当するのはRABの涼宮あつきさん、マロンさん、ムラトミさん



akistIMG_7214

バトルDJをつとめたのはRABのけいたんさん



毎バトル、パフォーマーが繰り出すアツいダンスに、観客も大興奮。フロアは常に沸騰していた。

akistIMG_4518



東京予選


akistfinal_03


まず、秋葉原moe farreモエファーレにて開催された予選一発目の東京開催。「アキバ×ストリート」開幕戦ということもあり、東京予選には80人弱のエントリーパフォーマー達が集まった。

BEST4を決めるにあたって、まずはベスト16を選出するための予選バトルをオーディション形式で開催。80名弱のパフォーマーからその予選通過したのはわずか14名。見事なパフォーマンスに審査員が頭を抱えている場面がいくつもあった。

そして残り2名を決定するのは、まさかの筆記テスト。オタクとしての知識も試されるこの大会独自のコンテンツであり、恐らくダンスバトルにおいて世界初であろうこの試みに、惜しくも予選を敗退してしまった参加者たちは、最後の可能性にかけて真面目に試験を受けていた。

akistimg_0001

筆記テストの様子



そして、見事予選ベスト16からはトーナメント戦でおこなわれ、最高潮のボルテージの中、熱いバトルが展開。

決勝戦、駒を進めたのはjun-Gさん vs 超妖怪弾頭ネオたんさん。力強いブレイクダンスを武器に、パワフルなパフォーマンスを披露する超妖怪弾頭ネオたんさんに対し、嫁と豪語する“すーぱーそに子”グッズを上手く使い見事なブレイクダンスを見せたjun-Gさん。

どちらも一歩も譲らぬ戦いの中、最後まで肌身離さず“すーぱーそに子”グッズを大事に抱えていたjun-Gさんに軍配が上がることとなった。

rewinner_finalist_jun-g

jun-Gさん



優勝コメントで「優勝できたのは僕一人のおかげじゃない、そに子のおかげ、東京ファイナルではそに子の魅力を伝えに行きます」と語っていた。

大阪予選


akistIMG_5883


2つ目となる大阪予選が開催。全60人弱のエントリーパフォーマーたちは、ダンスとしての実力の高さはもちろん、大阪という土地柄なのか、表情豊かなパフォーマンスを見せてくれるバトルが多かった。

akistIMG_5486



akistIMG_4862



ベスト8決定戦の最中、選手2人だけではなくその仲間たちも全員が同じ振りを踊るという、打ち合わせでもしていたのかと疑いたくなるほど息のあったパフォーマンスを見せつける、奇跡的な瞬間も。

akistIMG_5210



そして迎えた決勝戦は、かーねるさん vs 大阪のアニメ好きヲタクダンスチーム・Anispect Familyのsyu-G justiceさん。

バトルで流れたのは、『TIGER & BUNNY』OPの「オリオンをなぞる」、『ご注文はうさぎですか?』の「Daydream Cafe」。最終的に軍配が上がったのはsyu-G justiceさんだったが、両者とも、作品の世界観を見事再現したベストバトルを披露し、勝負の後は固く抱き合っていた。

akistIMG_6910



akistwinner_finalist_syu-G

syu-G justiceさん



福岡予選


akistIMG_7191


大阪予選に引き続き、福岡には全60人弱のエントリーパフォーマーたちが集結。今大会では複数回の挑戦を禁止していないため、前日大阪での予選で惜しくも敗退した数名のダンサーの姿もあった。

akistIMG_7226



前述の通り、今大会では、5つの審査項目に加えて、それらすべてを覆す可能性のある特殊項目として、「そして伝説へ」というスペシャル判定がある。主宰のRAB曰く、「その名の通り、技術を超越した瞬間を生み出すことができたならば、理由の如何に関わらず勝利することができる!」という、明確にはわからないが、とにかく「ヤバかったら勝ち!」というルールのようだ。

そしてこの日、今大会初となる、そのヤバい事態が発生。「そして伝説へ」を生んだのは、アニソンダンサーのMr.MK.MAJIotuさん。初戦で『人類は衰退しました』OPの「リアルワールド」でアツいパフォーマンスを繰り出し、観客の心を多いに掴んだ彼は、その後も独創性あふれるダンスを次々披露。惜しくもBEST4で破れたが、立ちはだかる実力派ダンサーたちを前に、一歩も引かないダンスは、観客の目に焼き付いていたことだろう。

そして、彼を破って勝ち進んだざかるとPさんは、東京予選のBEST8で敗退してしまった悔しさをバネに、そのまま怒濤の勢いで決勝でも勝利を手にした。

akistIMG_8053



akistIMG_7358



akistwinner_finalist_zakaruto


ざかるとPさん



名古屋予選


akistIMG_0179


4箇所目の開催となったのは、名古屋予選。集まったのは50人弱のダンサーたち。福岡以上に、これまでの予選で敗退して再挑戦にきたダンサーの姿も多かった。

繰り広げられたバトルは、終始最高潮のテンションで進んでいった。そこで選出されたBEST16メンバーについて、RABのけいたんさんは、「ダンススキルという意味では今までで最高レベルの面々が残った」とコメント。

akistIMG_9557



akistIMG_9430



それまでの予選で存在感を発揮してきたダンサーたちも選出され、濃い面々が出揃う中、大の「プリキュア」好きで、「プリキュアが流れたら俺どうなるか、まじわかんねえっす」と豪語(?)していたキュアビッチさんも勝ち残っていた。

残念ながら彼のバトルで「プリキュア」関連楽曲が流れることはついになかったが、それでもヒップホップスタイルやリュックから飛び出す数々のグッズ、ヲタ芸などを武器に、BEST8決定戦で敗退するまで常にオーディエンスをロックし続け、RABの涼宮あつきさんをして「立ってるだけで存在が面白いw」と言わしめた。

akistIMG_9215



akistIMG_9149



そして、名古屋予選で優勝を果たしたのは、けいたんが「まるでアニソンを身体で歌い上げるかのように表現するダンス」と評し、高水準の実力を見せつけた関東AB-boyzのたけるさん。東京予選で敗退した彼が、名古屋で見事リベンジを果たした。

akistwinner_finalist_takeru

たけるさん



北海道予選


akistIMG_0884


地方予選の最後は、バレンタインデーに開催された北海道予選。エントリーは21人と、他の地域と比べると少なかったが、そのうちの4分1が道外からのエントリーだったとのこと。

それも、過去の予選にてBEST8以上の結果を残したダンサーたちが再エントリーを果たしていたため、高度なバトルが展開されることとなった。

人数も少なかったため最初からトーナメント形式で行われた本選では、他地域に比べ、自分の好きなアニメグッズを駆使するダンサーが目立った。ダンス中に愛するキャラと一緒に踊ったりと、様々な趣向が凝らされていた。

akistIMG_0696



akistIMG_0508



また、BEST8決定戦では、まさかの『ベルサイユのばら』OP「薔薇は美しく散る」がチョイスされ、奇しくもお互い得意ジャンルを“90年代”としていたMega☆音さん・にくさんは、ともに曲を熟知したパフォーマンスを見せ、観客の拍手喝采を浴びる一幕も。

決勝戦では、互いに他予選で複数回のリベンジに挑戦してきた、ふみろくさんとAnispect FamilyのKGOさんとの戦い。決勝にかける意気込みを語る2人の目にはすでに涙があふれ、アツい思いがフロアに静寂と緊張感を呼ぶ。

そして、決勝で流れたのは『化物語』ED「君の知らない物語」、『四月は君の嘘』OP「光るなら」。ともに胸を打つ感動的なアニソンを全力で踊りきり、最後の判定で出たのは、今大会初の延長戦。

そして最後に延長戦でかかったのは、『ご注文はうさぎですか?』OP「Daydream Cafe」。どちらが勝ってもおかしくない熾烈なバトルの後、ついに選ばれたのは、4度目の挑戦にして栄冠を獲得したKGOさん!

akistIMG_1851



akistwinner_finalist_KGO

KGOさん



そしてファイナルは3月21日


akistIMG_1901


各予選で勝ち上がったダンサーは、3月21日に新宿Faceでおこなわれる東京ファイナルの本戦出場権が与えられ、そこで世界最強オタクダンサーが決定される。

また、ファイナリストへ進出できる残りの2枠を争う当日予選もおこなわれる。なお、当日予選・東京ファイナル共にチケットが発売中。詳細はオフィシャルホームページをチェックしてほしい。