工藤静香『My Treasure Best-中島みゆき×後藤次利コレクション』(ポニーキャニオン)

写真拡大

 2月18日にリリースされた工藤静香のベストアルバム『MY TREASURE BEST ー中島みゆき×後藤次利コレクションー』は、この国のポップス史を振り返る上でとても重要な作品だ。1987年8月31日、その2年半前に始まるやいなやこの国のティーン男子カルチャーを席巻し尽くした(自分もスタジオ収録の観覧に何度も行って、とんねるずに煽られて大騒ぎしていたものだった)『夕やけニャンニャン』の最終回放送日、まさにその当日にソロデビューを果たした工藤静香。以来、彼女はコンスタントに作品をリリースしていた90年代後半まで約10年近くにわたってトップシンガーとして君臨し続けることとなった。中でも凄まじかったのは1988年から1990年にかけてで、この時期のシングルは8作連続でチャートの1位、特に1989年は年間ベスト10にリリースした3曲すべてがランクインするという、まさに現在の嵐やAKB48のような状態だった。もちろん、過去にそんな工藤静香のヒット曲を網羅したベストアルバムは何作かあったが、今回の『MY TREASURE BEST ー中島みゆき×後藤次利コレクションー』は、タイトルにも明記されているように、作詞家×作曲家のコンビを限定しているというのが重要なポイントだ。

(参考:ももクロ×中島みゆき『泣いてもいいんだよ』の歌詞はなぜ刺さる? 瀬尾アレンジが示す“歌の本質”とは

 中島みゆき×後藤次利のコンビによって工藤静香に初めて提供された楽曲は、本作でも<DISC-1>の冒頭を飾っている1988年の「FU-JI-TSU」。これは8作連続1位の起点となって工藤静香の黄金時代到来を告げた曲だが、さらに言うなら、時代の転換点となった曲でもある。昨今のアイドル史観においては、「おニャン子クラブ現象によって80年代アイドルブームは終わった」ということが定説のように語られることが多い。しかし、より正確を期するなら「後期おニャン子クラブのエースだった工藤静香の“アーティスト”化によって80年代アイドルブームは終わった」と言うべきだろう。『夕やけニャンニャン』放送時、次から次へとデビューし、軒並みチャートで初登場1位を獲得してきたおニャン子クラブの人気メンバーへの支持は、番組の放送が終わる(=工藤静香がソロデビューする)と同時に、一気に退潮することとなった。そしてそんな中、工藤静香はアイドルとしてではなく、シンガーとして、アーティストとして絶大な支持を得るようになっていく。

 この80年代末に起こった「アイドルのアーティスト化現象」。先日、インタビューの席で工藤静香本人に訊いたところ、「ある日突然、“アーティスト”という言葉をみんなが使うようになった。当時は流行語みたいなものだと思っていたのに、こんなに一般的な言葉になるなんて想像もしてなかった」と興味深いことを言っていた。実際にそれは、先行する松田聖子、中森明菜、小泉今日子らメガアイドルの「アーティスト化」、そして工藤静香とほぼ同時代の本田美奈子、中山美穂、森高千里らの作品内容の変化などとも連動していたわけだが、「元アイドルにもかかわらず同性からの圧倒的な支持」を獲得したという点において、やはり工藤静香が突出した存在であったことは間違いない。

 そこで鍵となったのは中島みゆきの起用である。当時から都市伝説のように語られてきたエピソードをご存知だろうか? 工藤静香がソロデビューするにあたって、当時ポニーキャニオンのディレクターであった渡辺有三氏はまだ高校2年生だった彼女に「松任谷由実と竹内まりやと中島みゆきの3人の中で、誰が一番好き?」と質問した。そこで工藤静香が一瞬の迷いもなく「中島みゆきさんです」と答えたところから、その後の輝かしいソロキャリアが始まったとされるわけだが、工藤静香本人に確認したところ、このエピソードは完全にそのまんま実話とのこと。松田聖子の作品のクオリティ面における大充実をきっかけに、ニューミュージック勢がこぞってアイドルに楽曲を提供するようになった80年代末の日本のポップスシーンの景気の良さを象徴している話である。

 『MY TREASURE BEST ー中島みゆき×後藤次利コレクションー』をリリースすることになった理由について、工藤静香は「(中島)みゆきさんファンに対して、みゆきさんの作品を廃盤のままにしておくのは申し訳ないと思った」と語っていた。新曲「単・純・愛 vs 本当の嘘」を含めて、実に18曲もの「中島みゆき×後藤次利」楽曲が収録されている本作(ちなみに、そのコンセプトにしたがって、中島みゆきが作詞作曲両方を手がけている楽曲は収録されていない)。そこには、近年あまり日の目を見なかったアルバム収録曲やシングルのBサイド曲(当時はカップリングという言葉なんてなかった)の数々も収められている。つまり「歴史を残す」という意味において、本作は実は「ベスト」というよりも「アーカイブ」的な意味合いが強い作品なのだ。そして、それは昨年亡くなった、日本ポップス史に残る名ディレクターであり、工藤静香の「生みの親」的な存在でもある渡辺有三氏への「トリビュート」でもある。

 自分が常々思ってきたのは、日本のポップスの歴史を振り返るにあたって、あまりにも「はっぴいえんど史観」が幅を利かせすぎてはいないかということだ。確かに、はっぴいえんどとその人脈(もちろんそこには山下達郎も松任谷由実も竹内まりやも含まれる)が80年代以降の日本のポップス界に残してきた作品群はあまりにも偉大である。それ故に、そこには系統立てた論考も数多く存在するし、編集盤的な存在も数多く編まれてきた。後年の音楽ファンは、そこから日本のポップスの歴史の豊潤さを再発見してきたわけだが、再発見すべき対象は他にも実にたくさんあるのだということを、今作『MY TREASURE BEST ー中島みゆき×後藤次利コレクションー』は教えてくれる。と、ここまで書いてきて、中島みゆきの往年の名作を支えていたギタリストは鈴木茂だったこと、後藤次利の存在が広く知られるきっかけとなったのは高橋幸宏に誘われて解散直前のサディスティック・ミカ・バンドにベーシストとして参加したことなどを思い出してしまったのだけど……。やっぱり、はっぴいえんどってすごいや(すみません、こんなオチで)。(宇野維正)