斎藤佑樹 オープン戦で結果残せずブルペンの投げ込みにも悲壮感

ざっくり言うと

  • 日ハムの斎藤佑樹が21日、ブルペン入りし37球の調整を行った
  • 先発投手候補ではほぼ最後方となり、22日のオープン戦での登板が重要になる
  • 休日を挟んだこの4日間の投球数は300球を超え、表情には悲壮感が漂っていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング