『男しか行けない場所に女が行ってきました』(イーストプレス)

写真拡大

 イケメン男優が少女マンガさながらの甘い設定でセックスまで見せる、「女性向けAV」が市民権を得た昨今。だがしかし、「女性向け風俗」はあるのかといえば、出張ホストなどはあるもののその存在がポジティブに語られることはない。

 やはり風俗はまだまだ男性のモノなのだろう。

 そんな風俗を女性が見たら、ぶっちゃけどうなのか。『母がしんどい』で知られるマンガ家・田房永子が数年前に体験した風俗取材の裏側を描いたコミックエッセイ『男しか行けない場所に女が行ってきました』(イーストプレス)を読むと、エロ本などに載っている「風俗像」と彼女が見た「風俗の現実」の間に、すさまじいギャップがあることがよくわかる。

 マンガ家として駆け出しだった当時、エロ本に風俗レポートマンガを描いていた田房氏だったが、"無駄なものにびっくり"の連続だったという。

「レポート漫画家としては、『すごいですね、素晴らしいアイディアですね』と取材先の人たちに感服したけれど、ひとりの女としては、『なんて無駄なものが街中にたくさんあるんだろう』と思っていた」

 さらに描き続けるうちに、「本当に思ったことは書けない」ことに気づく。

 たとえばこうだ。風俗嬢・マリンちゃんに性感帯を聞く田房氏だが、マリンちゃんは「乳首とか書くとそこばかり責められて嫌だから、肩って書いてください」と、田房氏のほうも見ずに答えるなどつれない様子。だがマンガには、そのまま書くことはできない。田房氏は苦悩した、そしてついに、答えをひり出す。

「エッチなお店で働く21歳ピチピチのマリンちゃん。なんと肩が性感帯というドスケベ敏感BODYの持ち主! 毎日お客さんにイカされちゃってるんだって」

 また人妻アロママッサージの店長(金村義明似)と、風俗嬢の人妻さんを取材したときだった。描いたマンガは「きゃっおちんちんがおおきくなっちゃった! なんだか私も...ヘンな気分...」といった内容であったが、やはりそこに至るまでには田房氏に受難が振りかかっていた。

 まずは店長の、「これは加藤鷹とかAV男優御用達メーカーのパンツなんですけどね」という得意ヅラや、そのご自慢のパンツを脱ごうとするので制止すると、「平気ですよ全然、チンポ見られるの慣れてるんで」と、見慣れていない田房氏のことなど全く意に介さないことなどを、さらりとかわすことから始まる。さらに取材終了後の、「肝心なのは舐めですから」という突然の店長のクンニ自慢には、「この年一番の放心を味わった」という。

「『本当のこと』は、私の中に虚しさとともに降り積もっていった」と、田房氏は語る。

 特にイライラが募ったのは、密着型理髪店という、理容師たちが胸やお尻を強調したピッチピチの服を着ているのを、全身鏡越しに視姦したり、洗髪中におっぱいが当たるか当たらないかのジラシ感を楽しんだりする理髪店に、男性編集者とカップルを装い潜入取材したときだった。

 イライラポイントは、「客たちが全員、すまし顔で入ってくること」にあったという。

「女の子がミニスカートを履いていて、大きな鏡で太ももが見られて、顔に近づいたおっぱいにドキドキする店だって絶対分かってるくせに、『......あれ? なんですかここ? 普通の理髪店じゃないんですか? 普通の店だと思って来ました。......まあ仕方ないですね、もう入っちゃったし。髪切ってもらえればいいんで、僕は』みたいな顔して入ってくるのである」

 そのせいもあってか、漏らすようにつぶやいた理容師ギャルの「女の人の頭触るの、久しぶりだから嬉しい...」という言葉が、田房氏の耳に残ることになる。

 しかし、うっとおしいことばかりではない。社長は背の小さい哀川翔、専務は前髪オールバックの嶋田久作、舎弟は眉毛を剃っている長髪長身ヴィジュアル系という、「完全なるヤーな風貌の従業員の方たちが出迎えてくれた」のは、ラブドールと性行為ができるドール風俗店。 

 舎弟がふたりから「おい、テツ!」と呼ばれていたことも田房氏の胸を熱くさせたが、それだけではなかった。ドールの撮影をするため、3人がポージングを作ってくれていたときだった。

「ドールはけっこう重たいので3人がかりで『エイやっ!』とか『よいしょぉっ!』とか『テツ、足持て、足!』とか言いながら」
「そのうえドールの首がゴリンッ! と後ろに回転したりする。みんな真剣なので笑わないように必死で我慢していたら、自分の腕に顔をうずめて肩を震わせているテツさんが目に入った」

 こんなにも印象的なシーンに出くわしても、やはりありのままを描けるわけではないから、田房氏のもどかしさは募る一方だ。

 気に掛かる出来事は、取材とは関係のない場所にもおとずれることがある。 

 それは「龍宮城風ガールズバー」に知人のアラフォーサラリーマン男性と入店取材したあとの、居酒屋でのことだった。3歳と0歳のこどもがいるひとりの男性は、「最近、洗体にハマっている」と言い、「妻にバレないように、徹底的に、"土壌"を作っている」というのだ。つまり毎日激務を装い、「仕事が夜6時に終わっても夜8時に終わっても、終電で帰ればいいという日常を設計し、実行している」のだ。

 そう話す男性に対し、田房氏は憤慨する。

「『じゃあ、奥さんはいつも子育てをひとりでやってるんですね』とやんわり尋ねると、W氏は『え?』という感じで(中略)そしてさっきよりも強い口調で『俺は本当に苦労して、毎日"根回し"を頑張っているんだよ!?』と笑いながら主張した」

「本番もしている」や「経産婦のアソコは怖い」「奥さんにも女でいて欲しい」など、さらに続くW氏の無神経な主張に、田房氏はこう締めくくっている。

「この世の中は、W氏みたいな男を中心に回っている」

「男だけの場所」に向けられた田房氏の「女目線」、最後には一体何を見たのだろうか。男性にも女性にも気付いてほしい「男社会の真実」が、ここにはある。
(羽屋川ふみ)