兵庫県の医療センターで事故 頭の中に手術で使用したドリルの破片

ざっくり言うと

  • 兵庫県の医療センターで2014年9月、くも膜下出血の手術で医療事故があった
  • ドリルの刃の種類を間違え、折れた先端の破片が頭部に約2か月間残った
  • 同センターは、事故にかかわった医師と看護師計4人に口頭で厳重注意をした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング