写真提供:マイナビニュース

写真拡大

岡山県倉敷市にあるライフパーク倉敷 倉敷科学センターは、「世界・日本の宇宙取材の現場から」と題した科学講演会を2015年3月7日に開催する。

今回の講演会では、25年以上にわたって日本、米国、ロシアなどでロケット打ち上げや宇宙関連施設、無重力飛行などを取材し、国によって異なる現場や人々の魅力に虜となったと語るサイエンスライターの林公代氏が登壇し、国内外の宇宙に関わる現場での取材や宇宙飛行士、天文学者などへのインタビューを通して感じた宇宙の魅力について、実際の現場写真などを交えて講演を行う予定だという。

具体的な内容としては、ロシアについては宇宙服の製造会社や、宇宙飛行士が訓練する星の街、ガガーリンが乗ったカプセルの実物があったエネルギア社の博物館、バイコヌール宇宙基地で見た発射、若田さん打ち上げまでの様子や表情などを、米国については、NASAケネディ宇宙センターでのシャトルの打ち上げやヒューストンの訓練施設の話などを、そして日本については、種子島宇宙センターでの打ち上げの様子や筑波宇宙センターなどの様子などを語る予定だという。また、各地で出会った宇宙飛行士、宇宙技術者、天文学者といった宇宙に携わる人々の魅力についても語る予定としている。

なお、対象は小学生以上(小学生は保護者同伴)としており、定員は200名。参加料は無料で、申し込み方法は、倉敷科学センターに直接電話で申し込み(086-454-0300)、定員となり次第、締切となる予定だという。

○倉敷科学センター 科学講演会「世界・日本の宇宙取材の現場から」

日時:平成27年3月7日(土) 19:00〜20:30講師:林公代(サイエンスライター)会場:倉敷科学センター プラネタリウム対象:小学生以上(小学生は保護者同伴)定員:200名(先着順)参加費:無料