『マクロス』ベースの米国アニメ『ロボテック』が実写映画化か

写真拡大

『超時空要塞マクロス』など日本のアニメ3作品を基に制作され、米国や欧州で1980年代に流行ったSFアニメ『ロボテック』を、ワーナーブラザーズが実写映画として蘇らせようとしている。

「『マクロス』ベースの米国アニメ『ロボテック』が実写映画化か」の写真・リンク付きの記事はこちら

1980年代に米国や欧州、南米などで放映されたロボットアニメシリーズ『ロボテック』が、映画化に向けて(再び)動き出した。2007年からこのアニメの権利を保有しているワーナーブラザーズが、このSFアニメを実写映画として蘇らせる取り組みに再度乗り出したのだ。

ロボテックは、日本のロボットアニメである『超時空要塞マクロス』、『超時空騎団サザンクロス』、『機甲創世記モスピーダ』の3作品を、ハーモニーゴールドUSA社が米国向けにまとめて再編集したTVシリーズだ。異星人の侵略から地球を守るために、兵士や自由の闘士らが、高度な兵器や変形する乗り物などを使って戦う様子を3世代にわたって描いている。

米国でTV放映が始まったのは1985年で、英国ではその数年後に、SF専門局Syfyで放映された(英語圏と南米では「日本における『機動戦士ガンダム』シリーズに匹敵する」知名度と商業的成功を収めたとされている)。

全85話のTVシリーズが放映されて以来、ハーモニーゴールド社は、この作品をアニメまたは実写映画化しようと何度か試みてきた。また、2007年からこのアニメの権利を保有しているワーナーブラザーズも、映画化を試みてきたが、それらの試みはこれまで頓挫していた。

今回の映画化にあたっては、ペルシア戦争を描いた映画『300』や『G.I.ジョー』のマイケル・B・ゴードンが脚本を書き、同じく過去に『300』の制作に関わったジャンニ・ヌナリマーク・キャントンが制作を務めるようだ。

これまで映画化に関心を示してきたセレブとしては、俳優のトビー・マグワイアレオナルド・ディカプリオ、さらに、脚本家・プロデューサーであるローレンス・カスダンアキヴァ・ゴールズマンなどがいる。しかしこの作品は、『トランスフォーマー/ロストエイジ』や『ミュータント・タートルズ』のように何度も実写映画化されることはこれまでなかった。

また、ハーモニーゴールド社は2014年、ロボテックのリヴァイヴァル版アニメをつくろうとKickstarterで資金集めを試みたが、失敗に終わっている(50万ドル目標のところ、19万ドルしか集まらなかった)。

TAG

AnimeMovieWiredUK