<ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン 2日目◇20日◇ザ・ロイヤル・メルボルンGC(6,741ヤード・パー72)>
 オーストラリアにあるザ・ロイヤル・メルボルンGCで開催中の米国女子ツアー「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」2日目。今大会が米国女子ツアー参戦2戦目の横峯さくらは、この日もスコアを2つ落としトータル6オーバー。現在プレー中の選手がいるものの、予選落ちが濃厚となった。
さくらのドライビングディスタンス、米国女子でのランクは?
 昨日4オーバーと崩れ、84位タイからのスタートとなった横峯。予選突破のためにバーディラッシュといきたいところだったが、4番でボギーを先行させると、続く5番で連続ボギー。折り返しての10番、14番もバーディを奪い見せ場を作ったものの、次の15番でボギーを叩き万事休す。17番でもボギーを叩きホールアウトし、2バーディ・4ボギーの“75”と巻き返すことは出来なかった。
 その他日本勢では、2日間横峯と同組だった久保啓子はトータル9アンダーと同じく予選落ちが濃厚。昨日好調だった上原彩子、宮里藍は午後スタート組で現在プレー中。共にイーブンと、まだスコアを伸ばせていない。宮里美香はハーフを終えて2バーディ・3ボギーと出入りの激しいゴルフとなり、スコアを1つ落としている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【WITB】ルーキーさくら、米国挑戦のクラブセッティングは?