19日放送の「あさイチ」(NHK総合)で、V6の井ノ原快彦が、サングラスをかけたまま原稿を読み続けるアナウンサーに爆笑する一幕があった。

この日の番組では、タレントのユージが北海道・北見市の名所・レジャースポットをリポート。スタジオでは、NHK釧路の赤松アナウンサーが原稿を読みながら解説を加えていた。赤松アナはここぞという場面ではサングラスをかけ、カメラ目線で「スクープです!」と叫ぶ、独自の演出を披露している。

「山の水族館」を紹介する場面で、赤松アナはサングラス姿のまま原稿を読み、「3年前にリニューアルして以来…人気が…でまして…」と口ごもってしまった。有働由美子アナウンサーは「なんで、そこ自信がなさそうに!」と赤松アナにツッコミを入れ、井ノ原も「サングラスかけてっからさ、台本が見えづらいんだよ!」と爆笑している。

番組の後半では、有働アナが番組に寄せられた視聴者の声を紹介。この視聴者は「86歳の祖母と見ているんですが、あのサングラスどうしたの?目が悪いの?ととても気にしています。なんと説明したらいいのか困っています」と赤松アナに質問を投げかけている。

赤松アナが「こういう演出です」と笑顔で答えると、有働アナは「まんまじゃないですか…」とあきれていた。
(98)

【関連記事】
照英がNHKの犬ぞりレポートで号泣…井ノ原快彦ら出演者がその姿に吹き出す
V6井ノ原快彦、視聴者のクレームに笑顔「アナウンサーと間違えられるのは本当に光栄です」
V6井ノ原快彦、NHKの「40代女性へのセクハラ」特集で吠える「黙れ、ジジイ!」