すごい郵便局が人員募集!  −15℃でシャワーなし

写真拡大

 月給1,100ポンド(約20万円)の“住み込み”郵便局員の募集記事が、英テレグラフに掲載された。記載されている労働環境をざっとみると、気温はマイナス15℃くらい、郵便局の周囲には約2000頭のペンギンがいて、水道設備がないため、シャワーを浴びることができない。その条件でOKな人は応募できる。赴任先は南極。サッカーのピッチくらいの大きさの島だが、郵便局としては世界最南端というちょっと“威張れる”職場だ。

 地域の住民はゼロ。だが、南極を船で訪れる人たちが出す約7万通の郵便物をさばく必要がある。募集人員は4人。テレグラフの取材を受けた元局員のエイミーさんによれば、ペンギンたちをよけながら、滑る岩や雪の上を思い荷物を持って動けること、結構“臭う”ペンギンたちのそばで、シャワーが浴びられなくても、その状態で他の3人の同僚と5カ月間ハッピーに過ごせることが条件だという。食べ物はどうかというと、「スパムを薄〜く切って焼いて目を閉じると、ベーコンの味がしてくるのよ」とエイミーさん。もしかしたら、ダイエットにもなるかも!?