創作和食のコース料理、国産銘柄豚を使用

写真拡大

神奈川・箱根で温泉旅館をチェーン展開している一の湯(神奈川県箱根町)は、2015年4月9日から始まる新しい夕食メニューを試せる「【2015年春夏新メニューモニター宿泊】☆1泊2食付プラン【夕食時飲み放題付】」を販売している。受付期間は2月18日から3月16日まで。

早川渓谷と吊り橋、目の前に広がる山と、箱根屈指のロケーションが特徴のリゾートホテル「塔ノ沢 キャトルセゾン」で宿泊。新しい夕食メニューを利用しアンケートに協力すれば、通常8790円の「川側ツイン(和)洋室」1泊2食付宿泊料金が1人分5550円になる。14年5月にリニューアルした「川側スーペリアツイン洋室」も、通常10950円のところ7710円で宿泊できる。4月と10月に実施した同プランのアンケートでは、利用者の100%が「また同様のプランを利用したい」と回答したという。

缶入り製品限定だが、夕食時はセルフサービスの飲み放題。館内温泉浴場だけでなく、有形文化財である一の湯本館の温泉浴場も無料で利用可能。宿泊対象日は4月9日から17日(11日は除く)。