節約しすぎで自分への投資ができない! こんな女性に肯定的な男性は66.4%

写真拡大

正しい金銭感覚を身につけることは、大人の女性としてマスト! ここで「結婚相手になり得る女性かどうか」を判断する男性も多いものですよね。とはいえ、節約に励むあまり「ただのケチ」になってしまうのは問題あり!? 女性の金銭感覚について、男性の本音を調査してみました。

Q.あなたは、お金の節約のために、自分への投資(新しい服を買う、エステやネイルに行くなど)があまりできていない女性をどう思いますか?

肯定的……66.4%
否定的……33.6%

多少地味でも、がっちり節約できるタイプのほうが、男性ウケがいいことがわかりました。それぞれを選んだ理由も、チェックしてみましょう。

<自分に投資できない女性に肯定的な意見>

■しっかり者で安心です!

・「切りつめられるところが何であれ、節約をする女性はえらいと思う」(27歳/警備・メンテナンス/事務系専門職)

投資より女性らしさより、節約力が何より大事!? こんな意見が目立ちました。こんな女性になら、結婚後の家計を任せても安心! 無駄遣いはしなさそうですよね。

■自分磨き=無駄!?

・「自分磨きは無駄金だと思っているので」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「自分へ投資、という理由で物を買う女がきらいなので。そんな価値あるもんかい、と思ってしまう」(35歳/機械・精密機器/営業職)

ケチと思われるのも嫌ですが、これもちょっと……と思ってしまうような、極端な男性意見もありました。

■贅沢しなくても身だしなみはきちんと!

・「最低限の身だしなみができていればいいので」(34歳/情報・IT/営業職)

・「投資していなくても清潔感があり、その人なりにちゃんとしていればいいと思うから。むしろ投資ばかりして内面を磨かない女性のほうがどうかと思う」(25歳/生保・損保/事務系専門職)

節約はいいことだけど、最低限の身だしなみはキープしてほしい! という意見も目立ちました。どこまでを「必要経費」と捉えるかで、男性の反応は大きく変わってきそうですね。「投資」までいかなくても、「賢い買い物」をするのがいいでしょう。

では反対に、否定的な気持ちになる理由とは?

<自分に投資できない女性に否定的な意見>

■時間は待ってくれません

・「節約は大事だが、ある程度自分へ投資していないとどんどん劣化していってしまうから」(31歳/食品・飲料/技術職)

・「時間は限られているからもったいないと思う」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

若さは、永遠に続くものではありません。そしてそれは、後から悔やんでも仕方がないことですよね。どれだけ「しっかり者の内面」を持っていたとしても、まず男性に「この子に近づきたい!」と思ってもらえる見た目を整えなければ……意味がありません。

■投資=心の余裕

・「自分への投資によって気持ちが左右されるから」(29歳/自動車関連/技術職)

節約をがんばり過ぎて、いつもギスギスしている女性は嫌! だったら適度な投資をして、気持ちよく生活してほしいと考える男性の意見です。つい忘れがちですが、実は大切な視点なのかも?

「自分に投資しない」=「節約上手」と感じる男性が多いことがわかりました。ただし、女性の外見に対する男性目線は想像以上にシビアなもの。「節約しすぎて、貧乏くさい女性」にならないよう、注意です。「贅沢」はしなくても、「必要経費」をケチっては駄目ですよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2014年10月にWebアンケート。有効回答数122件。22歳〜39歳の社会人男性)