『東京マラソンへの道』 番外編

 みなさん、こんにちは! そして、お久しぶりです! 「走るフリーアナウンサー」の中島彩です。2013年1月から2014年6月までの1年5ヵ月、『東京マラソンへの道』というコラムを連載させていただきました。みなさん、思い出していただけましたか? そしてこの度、2月22日に開催される東京マラソン2015にチャリティーランナー(※)として参加することが決まったので、ひさびさにコラムを書かせていただきました! というわけで今回は、この半年間のRUN生活を振り返りながら、3回目の参加となる東京マラソンへの想いをお伝えしたいと思います!

※チャリティーランナー=チャリティーに対する理解を深め、活動支援の輪を広げるために寄付者を代表して東京マラソンに参加するランナー。東京マラソンで行なうチャリティー活動と、寄付者の想いを多くの人にアピールすることが目的。

☆マラソン好きが高じて、気象研究のため大学院に進学!

 今年の東京マラソンは、3万6000人ものランナーが参加します。今大会で初めて導入され、話題となっているのが、「ランニングポリス」ですよね。箱根駅伝などを経験した長距離走出身の健脚警察官が、テロなどを防ぐ目的も含め、ランナーや観客の安全を見守りながら走ってくれるそうです。過去2回、私が東京マラソンを走ったときは、「ランニングドクター」をコース上で見かけたことはありました。それがついに、警察官まで一緒に走ることになるなんて......。東京マラソンの規模が年々大きくなっていることを実感します。

 一方、私の日々の生活は、あいかわらず1週間に4〜5回のランニングを続けています。かつて所属していた東海テレビ時代(2011年)は、「走る生活」にまったくの無縁でした。ランニング自体が「めんどくさいなぁ」と思っていたぐらいです。朝は眠いし、夜だって飲みに行きたい(笑)! しかし、それが何度か走っていると、「今日は天気がいいから走ろう!」という前向きな気持ちに切り替わり、いつしか日々のルーティンワークとなりました。気がつけば、いつの間にか着替えて走っている......という、自分でもビックリするほどの変化です(笑)!

 現在は、休日などを利用してランナーの方々を集め、「ランナーズミーティング」と称して一緒に走ったりもしています。マラソンを始めて3年6ヵ月――、大会の数は年々増加し、皇居ランナーも季節を問わず増え、いまやマラソンは一時的なブームではなくなりました。私も生活の一部として、人生の大事な友だちを見つけたような、心の拠り所となっている気がします。

 さて、さきほど、「天気がいいから走ろう」という話をしましたが、私は最近、気象キャスターの仕事もしています。マラソンやランニングにとって、天気は切っても切れない関係です。特にレースでは、コンディションを左右する重要な要素のひとつであり、一歩間違えば人命にもかかわります。5年後の東京オリンピックは夏に開催されるので、暑い気候の中、42.195キロを走破しなければなりません。

 マラソンと天気――。少しでもランナーのお役に立てないかと考えた私は、今年の春から気象を研究する大学院に通うことにしました。4月からは働きながら大学院生として気象のことを勉強し、東京マラソンに参加する方々をはじめ、市民ランナーのみなさんの成績や健康に役立てられるよう、頑張っていきたいと思っています。

☆東京マラソン目前。胸に秘めた私の想い

 さて、話は戻って、今年の東京マラソンについて。私は支援者から寄付金10万円を募り、チャリティーランナーとして走ります。寄付先は、昨年と同様、東日本大震災復興支援事業にしました(寄付受付はコチラ)。

 今年も東京マラソンを走る前に、被災地の岩手県陸前高田市を訪れました。昨年までの陸前高田は、まだ土地もところどころ荒れていました。しかし今年は、復興が明らかに進んだように感じます。破損した建物の多くは撤去され、荒れた土地も綺麗な更地となり、道路もしっかりと舗装され、壊れていた信号機も修復していました。

 陸前高田市の沿岸にある千本松で有名な「高田松原」は、ランナーの聖地としても知られた場所でした。沿岸に広がる砂浜は足腰を鍛えるトレーニングに適しているので、全国各地の駅伝選手たちが合宿を行なっていたのです。しかし、震災後は「奇跡の一本松」を残し、すべてを失いました。

「いつか、全国の市民ランナーと高田松原で走りたい」

 これが、東京マラソンを前に、私が胸に秘めている想いです。

 最初に陸前高田を訪れたときは、「本当に街としてよみがえるのだろうか?」という不安でいっぱいでした。しかし、全国からの支援と、地元の方々の努力により、「マラソン大会が開けるかもしれない」と感じさせるほど、大幅に復興が進んできたと感じます。今回3回目となる東京マラソンでは、「ランニング文化を陸前高田に取り戻したい!」という願いを込めて走ろうと思っています。

 今回の東京マラソンでも、私は走りながら、「ツイキャス(※)」で生の声や映像を配信する予定です。リアルタイムで少しでも多くの方に、私の走りを見てもらえれば嬉しいです。興味のある方、ぜひチェックしてくださいね!

※ツイキャス=スマートフォンなど使って撮影した動画を生中継できるライブ配信サービス。

 走ることで広がった私、中島彩の人生――。そのキッカケとなった東京マラソンでの42.195キロの走りをみなさんにも見ていただき、一緒にゴールしたいと考えています。応援、よろしくお願いします!

 LET'S RUN WITH ME!!

【profile】
中島彩(なかじま・あや)
1987年8月1日生まれ、大阪府寝屋川市出身。慶應義塾大学法学部卒。元東海テレビ報道スポーツ局。現在はキャスト・プラス所属のフリーアナウンサー、タレント、ラジオ・テレビの気象キャスター。身長158センチ。趣味はマラソンの他に、政治・気象研究。東京スポーツにて、「27歳・中島彩の3か月の婚活大作戦!」連載中。初グラビアとなった週刊プレイボーイ(集英社)の電子写真集『あぶない女子アナ』が、大手電子書籍販売店で絶賛発売中!

中島彩●文 text by Nakajima Aya