IBMの人工知能「ワトソン」、日本語対応へ

写真拡大

日本IBMは、人工知能システム「Watson(ワトソン)」の日本語対応化に向けて、ソフトバンクテレコムとの「戦略的提携」を発表した。

「IBMの人工知能「ワトソン」、日本語対応へ」の写真・リンク付きの記事はこちら

日本IBMは2月10日、人工知能システム「Watson(ワトソン)」の日本語対応化に向けて、ソフトバンクテレコムとの「戦略的提携」を発表している(すでに2014年10月にも、提携の計画が発表されている)。

ワトソンが、ヨーロッパ言語以外では初めての言語となる日本語で、会話し、理解し、考えられるようになることが目的だ。

ワトソンは、2011年に米国のクイズ番組「Jeopardy!」で人間に勝ったことで有名になった(日本語版記事)。現在、スペイン語とポルトガル語への対応も進められているが、日本語はまったく新しい挑戦となる。

関連記事:Watsonと人間の「クイズ王」対決動画

日本語は、習得するのが最も難しい言語のひとつと言われている。これを習得するには、ワトソンは46文字のひらがなとカタカナに加えて、数千種類の漢字を理解できなければならない。さらに、特定の漢字の意味や発音が文脈に応じて変わることや、言葉の使い方が年代や性別によって異なることも学ぶ必要がある。

だが、IBM研究所には、日本語などのヨーロッパ言語以外の言語領域で20年以上に相当する研究開発を行ってきた実績がある。

IBMとソフトバンクの提携は、「コグニティヴ・コンピューティング」を加速化させるというIBMの取り組みを反映している。両社は、モバイル機器やタブレット、ロボットなどで、ワトソンの自然言語能力を発揮できる方法を模索していくことになる。

ワトソンは、クラウドを通じて膨大なデータを分析し、自然言語で投げかけられた質問を理解し、根拠に基づく回答を提示することができる。

ワトソンは、日本の教育機関や、銀行業務、行政サーヴィス、医療機関、保険業界、小売業界などに技術革新をもたらすと期待されている。

IBMワトソン・グループのマイク・ローディン上級副社長は、「世界で最も革新的な領域」のひとつにおいてワトソンを各社に向けて展開することについて、「ビジネスパートナーや起業家、開発者などのエコシステムを拡大させ、まったく新しいコグニティヴ・コンピューティングのアプリケーションを設計する」と語った。

関連記事:人工知能、料理界に進出:IBMの「シェフ・ワトソン」

TAG

AICognitive ComputingDeep LearningIBMLanguageMicrosoftWatson