東京女子医大で起きた男児死亡事故 両親が麻酔科医ら5人を告訴

ざっくり言うと

  • 東京女子医大病院で平成26年2月、男児が鎮静剤を過剰投与され死亡した事故
  • 男児の両親が19日、傷害致死罪で同病院の麻酔科医ら5人を刑事告訴した
  • 告訴状によると、投与量は成人の許容量の約2.7倍に達していたとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング