画像は公式サイトのスクリーンショット/(C)ケイオスプロジェクト

写真拡大

2月19日(木)、ロールプレイングフィクション『レッドドラゴン』を原案とするメディアミックスプロジェクト「ケイオスプロジェクト」の公式サイトが公開された。

TOHO animationによるTVアニメ『ケイオスドラゴン 赤竜戦役』、星海社によるボードゲーム『ケイオスドラゴン 覇王春秋』、セガネットワークスによるスマートフォンゲーム『ケイオスドラゴン 混沌戦争』が、それぞれ2015年初夏に展開される。



『レッドドラゴン』とは?


『レッドドラゴン』(画像は公式サイトより)/(C)Star Seas Company All Rights Reserved.

『レッドドラゴン』(画像は公式サイトより)/(C)Star Seas Company All Rights Reserved.



『レッドドラゴン』は、TRPG(テーブルトークロールプレイングゲーム)のルールに則り繰り広げられる、クリエイター同士の真剣勝負のセッションを通じて生み出されたフィクション作品。

TVアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」シリーズの虚淵玄さん、ゲーム『Fate/stay night』の奈須きのこさん、ライトノベル『デュラララ!!』の成田良悟さんなど、5人の気鋭のクリエイターが参加している。

今回発表された「ケイオスプロジェクト」は、この作品を原点に、放送・映像・ウェブ・文芸・通信・ゲームなど、あらゆるメディアミックスで展開される。

すでにセガネットワークス、星海社、TOHO animationが結集し、スマートフォンゲーム、TVアニメ、ボードゲームでの展開が決定している。

今回の公式Webサイトの開設や発表では、現在放送中の『ユリ熊嵐』を手がける制作会社・SILVER LINK.がTVアニメに参加することや、「ローゼンメイデン」シリーズを生み出した創作ユニット・PEACH-PITがスマートフォンゲームのイラストを手がけることが明らかになった。

あらゆる豪華クリエイター陣が揃う本格的なプロジェクトなだけに、今後の期待も大きく高まる。