写真提供:マイナビニュース

写真拡大

フィリップモリスのタバコ銘柄「VIRGINIA S(バージニア エス)」は、“I want moreキャンペーン”と題したキャンペーンを実施中だ。

同キャンペーンは、生き方に欲張りに、輝き続ける女性成人喫煙者のための“欲張り”を叶えるもの。応募は簡単。まず、キャンペーンサイトにアクセスし、自分の叶えたい“欲張り”を宣言。これにより、「We want more club」のメンバーとなり、会員番号が付与される。その後は、選考にノミネートされるよう、マイページ内で夢や目標への思いを書き込み、自分の本気度をアピールしたり、ユーザー同士の交流などを図っていく。その結果、選考通過者には夢の実現に向けたプランが提案され、その実現へのサポートが受けられるという流れだ。

実際に同キャンペーンで選考を通過し、既にプロジェクトが進行中のひとりであるアパレル販売員のYUKIさん。同キャンペーンにて「フラワーアーティストとして、たくさんの人を感動させたい!」という“欲張り”を宣言してエントリー。その後、プロの指導を受け、2月14日に行われたファッションショー「東京ランウェイ」で協賛ブースのフラワーアレンジメントに挑戦した。さらに、「旅を通して優柔不断な自分を変えたい!」というモデルの美羽さんは、“知り合いがまったくいない国への一人旅”を実現した。

ちなみに、現在エントリーされている“欲張り”には「北海道に行きたい!」「ピアノが弾けるようになりたい!!」「些細な事にでも幸せが感じられる、素敵な毎日を送りたい!」などがある。

なお、同キャンペーンサイトでは、他にもすでに夢をかなえた参加者の様子が随時レポートとして紹介していくとのことだ。現在、同キャンペーンのWebサイト上にてエントリーを受け付けている。

(神野恵美)