18日放送のバラエティ番組「※AKB調べ」(フジテレビ系)で、小道具にボカシが施される一幕があった。

この日の番組では「ケンカ最強メンバー調査」と題し、AKB48グループのメンバーがさまざまなゲームでランキングを争った。

最後の勝負「すもう対決」では、参加した5名のメンバーそれぞれが、自身のキャッチコピーを書いた「ノボリ」をセットに立てていた。映像では、SKE48石田安奈とNMB48岸野里香のノボリが、ぼかし処理を施された状態だったのである。

ノボリに記されたキャッチコピーは、石田のGoogle+(SNSサービス)で確認できる。これによれば、石田が「『今日も血の惨劇をプレゼント』愛知の暴れん坊スナイパー」、岸野が「浪速の殺戮肩幅ブルドーザー」と書かれたノボリを持っていたようだ。




なお、番組テロップは、「血の惨劇」「殺戮」の2つのワードに配慮してか、石田を「愛知の暴れん坊スナイパー」、岸野を「浪速の肩幅ブルドーザー」と紹介していた。
(68)

【関連記事】
有吉番組で画面がモザイクだらけの珍事「値札さえ映せないというね」
有吉弘行「スッキリ!!」で全身にモザイク処理を施される
さんまのスーパーからくりTVのVTRで出演者の顔にボカシが入る