長崎県対馬市の仏像窃盗の韓国籍僧侶 無罪を主張

ざっくり言うと

  • 長崎県の寺から仏像などを盗んだ疑いの韓国籍の男の初公判が19日、開かれた
  • 被告は「関与したことはない」と無罪を主張
  • 検察側は仏像を韓国に持ち帰り、売却する計画だったと主張した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング