ドラマ「美しき罠〜残花繚乱」。思わぬ伏兵として浮上したのは
田中麗奈演じる主人公・りかの書道友達・泉(高橋かおり/写真左)。
りかの元・恋人(村上弘明/写真右)と急接近する。

写真拡大

「でも、りかちゃんには性的魅力を感じないんでしょ?」
「りかを抱きたくないってわけじゃないんです。かわいいと思うし、愛おしい。でも、中途半端な気持ちでは抱きたくないんです」

2月12日放送の「美しき罠〜残花繚乱」(TBS)第6話では、主人公・りか(田中麗奈)と圭一(青柳翔)との新婚生活がスタート。りかは肉じゃがにしょうが焼き……と愛情たっぷりおふくろの味でアプローチするものの、どうも情勢が芳しくない。あれこれ理由をつけては夜の営みを回避する圭一に、りかは不安でいっぱい。美津子(若村麻由美)にさんざん脅されてますしね(第五話参照)。そんな中、圭一に一通のメールが届く。差出人は麻紀(三浦理恵子)だ。

送られてきたメールに添付されていたのは、バスローブ姿の圭一と麻紀のツーショット写真。第5話の終盤で、麻紀がりかに送ろうとしていたアレだ。送信直前に宛先を変えたらしい。慌てふためき、クレームを言い募る圭一を、麻紀は楽しそうにいたぶる。しかし、「中途半端な気持ちでは抱きたくない」という圭一の発言が麻紀のプライドを傷つけ、怒りの感情に火を付ける。圭一もつくづく脇が甘い。

腹をたてた麻紀は、二人の関係をりかにバラそうと画策する。もう一人の書道友達である泉(高橋かおり)は厳しく麻紀に口止めする。しかし、結局、泉自身の失言で、りかに麻紀と圭一の関係がバレてしまう。泉の「こう言っちゃなんだけど、麻紀さんみたいな女の人、男の人は簡単に抱けるっていうか」といったセリフの端々ににじむ麻紀への悪意。「言うつもりはなかった」としながらも、「結婚する直前だって」と余計な補足も忘れない。本人は善意にもとづく情報提供だと信じていそうな分、えげつない。

柏木荘太(村上弘明)との商談のシーンでも、泉がなんとも言えない姿を見せる。「メイン取引先になってほしい」と懇願し、断られそうになると「私知ってるんです! 西田りかさんと不倫してましたよね」。さらに「マスコミにバラされたくなければ、取引先になってください」と言い募る。あまりに幼い脅迫に、なんだかなあ感満載だが、荘太は「気に入ったよ。君のこと。この後、ゆっくり食事でもどうかな」とニッコリ。すごいな、肉食系役員。寝ワザに持ち込みさえすれば、すべて解決だと思っていそうな感じがたまりません。

さて、いよいよドラマも後半戦。予告編では、りかと圭一が子作りの相談をし、泉は「あたし、柏木さんと寝た」とドヤ顔。そりゃ、美津子さんも「全部、あなたのせいよ! 疫病神!!」と、りかを怒鳴りつけたくなるってもんです。どうも、荘太だけは相変わらず、さほど悩みもなく人生をエンジョイしていそうな気配のまま、今夜9時から!
(島影真奈美)