石田ゆり子「悼む人」の過激ラブシーン 「完脱ぎ」なくても伝わるエロス

ざっくり言うと

  • 映画「悼む人」で、石田ゆり子の過激な濡れ場が評判になっている
  • 暗がりの中や着衣のままのラブシーンで、太ももがあらわになる程度
  • それでも、不自然にならない切なさとエロスを表現していたと評論家は語る

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング