©2015 いがらしみきお・小学館/『ジヌよさらば〜かむろば村へ〜』製作委員会

写真拡大

4月4日から公開される松尾スズキ監督の映画『ジヌよさらば〜かむろば村へ〜』の予告編と場面写真が公開された。

【もっと写真を見る】

今回公開された予告編では、松田龍平が演じる「お金恐怖症」の元銀行マン・タケが蹴り飛ばされて倒れるシーンや、タケが路上の猫や白菜を避けながらバスを運転するシーンをはじめ、二階堂ふみが演じる女子高生・青葉がバスの車中で悲鳴をあげる場面、西田敏行が演じる村の神様「なかぬっさん」の目が暗闇の中で光る場面、松尾スズキが演じる怪しい男・多治見の挙動不審な様子などが盛り込まれている。また、OKAMOTO'Sによる主題歌“ZEROMAN”の一部を聴くことが可能だ。

『ジヌよさらば〜かむろば村へ〜』は、いがらしみきおの漫画『かむろば村へ』を原作にした作品。現金に触るだけで失神してしまうタケを主人公に、過疎の村「かむろば村」に移住したタケが、風変わりな村人たちと交流しながら、金銭を使わない生活を実行しようと奮闘する姿を描いたコメディーだ。主演の松田は、2004年の主演映画『恋の門』以来約10年ぶりに松尾監督作品に出演している。