世界卓球代表選考問題で日本卓球協会にミキハウス社長が直談判

ざっくり言うと

  • 世界選手権の代表選考に関し、選考方法等の見直しを求めたミキハウス社長
  • 18日、日本卓球協会の星野一朗強化本部長と会談し、改善を直接申し入れた
  • 「ダブルスの選考に関しては議論の余地はある」と協会専務理事は話している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング