広色域全面直下LEDバックライト液晶パネル採用のプレミアムモデル

写真拡大

東芝は、液晶テレビ「REGZA(レグザ) J10シリーズ」の55V型「55J10」、49V型「49J10」、43V型「43J10」を、2015年2月20日に発売する。価格はいずれもオープン。

シリーズ最速、約0.05フレームの低遅延「瞬速ゲームダイレクト」

液晶パネルの背面全体に高輝度LEDを配置した、「広色域全面直下LEDバックライト」パネルを搭載するプレミアムモデルのフルHD液晶テレビ。画面全体に散りばめられたLEDの明るさを高精度に制御し、リアルな詳細感や豊かな色再現を実現したという。

地上デジタルチューナーを3基搭載。番組を視聴しながら、別売のUSB HDD(ハードディスクドライブ)へ同時に2番組録画できる「地デジ見ながらW録」。同社製レコーダーに搭載された、6チャンネル・15日分の番組を丸ごと一時保管する「タイムシフトマシン」機能を、テレビのリモコンだけで操作できる「タイムシフトリンク」を搭載する。

「瞬速ゲームダイレクト」を搭載し、画像処理の遅延時間がシリーズ史上最速だという約0.05フレームの低遅延を実現。アクションなど、タイミングが重要なゲームでも快適にプレイできる。スピーカーシステムに「ラビリンス バスレフ型BOX」を採用、豊かな低域とクリアな音声再生を可能にした。