アオブダイの煮付けを食べた女性が有毒物質による食中毒で死亡

ざっくり言うと

  • 宮崎県は18日、アオブダイの煮付けを食べて70代女性が死亡したと発表した
  • 肝臓に含まれる有毒物質パリトキシンによる食中毒とみられている
  • 血液検査などで、中毒の症状である腎不全などを起こしていたことが分かった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング