写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ネオマーケティングはこのほど、スキー・スノーボードをしたことのある一都三県の20歳〜59歳の男女を対象に実施した「ウインタースポーツ」についての調査結果を明らかにした。調査は2月4日〜5日にかけて行い、600人から有効回答を得た。

過去にゲレンデで恋をした経験はあるか尋ねたところ、88.0%が「ない」と回答した。「1回のみあった」は7.0%、「複数回あった」は5.0%となっている。

「ある」と回答した人に具体的なエピソードを尋ねると、「相手に軽く衝突され、その後のやり取りをしているうちに仲良くなった(25歳男性)」、「滑っていたら男性にぶつかられた。『おわびにコーヒーでも』と誘ってもらい恋が始まった(28歳女性)」など、何かハプニングによって恋に発展することが多いようだ。

ゲレンデで流れるとテンションが上がる曲について聞くと、最も多かったのが、広瀬香美さんの「ロマンスの神様」(63.0%)だった。2位はglobeの「DEPARTURES」(20.8%)、3位はレミオロメンの「粉雪」(19.7%)で、過去の名曲が多くを占めた。

女性を対象に、最も一緒にウインタースポーツをしたいと思う芸能人を尋ねたところ、全体では「福士蒼汰」さんの20.7%が最も多かった。年代別でみると、20代は「福士蒼汰」さんが最も多いが、30代・40代以上は、「福山雅治」さんとなり、年齢によって、異なる結果となっている。

(フォルサ)