コンパクトなスティックタイプ

写真拡大

ネットワーク機器などを扱うアメリカのActiontec Electronics(アクションテック・エレクトロニクス)は、ワイヤレスディスプレイアダプター「ScreenBeam Mini2(スクリーンビームミニ2)」を、2015年2月25日に量販店などで発売する。価格はオープンだが、実売予想価格は8780円前後。

アドホック接続でネットワークが不要

Wi-Fiアライアンス策定のディスプレイ伝送技術「Miracast(ミラキャスト)」およびインテル・ワイヤレス・ディスプレイ(Intel WiDi)に対応。テレビのHDMI端子に挿すだけで、モバイル機器などの画面を最大1080pの解像度で転送表示できる。

接続可能なモバイル機器は、Windows 8.1以降搭載のPCおよびタブレット、「Intel WiDi vre4」以降が動作するWindows 7/8 PC、Android 4.2以降を搭載したスマートフォン。iOSは非対応。

モバイル機器と本機の間は1対1のアドホック接続(有効距離約10メートル)で、Wi-Fiルーターなどのネットワークが不要。2.4GHz帯と5GHz帯のデュアルバンド(IEEE802.11 a/b/g/n)対応。ノイズに強く通信の安定性、高速応答を実現している。

USB給電ケーブル、ACアダプターが付属する。言語設定、画面サイズ、壁紙変更、ファームウェアアップデートなどができるユーティリティソフト(Windows 8.1版/Android 4.2版)が同梱。