Shake Shack®(シェイク シャック)のハンバーガー

写真拡大

ニューヨーク発、世界9カ国で64店舗を展開するハンバーガーブランド「Shake Shack®(シェイク シャック)」の日本店舗展開の独占契約を、株式会社サザビーリーグが締結しました。

2016年に1店舗目を東京にオープンし、2020年までに10店舗の展開を計画しているとのこと。

サザビーリーグはかつて、スターバックスコーヒージャパンの関連会社として、いまや圧倒的な知名度とブランド力を誇る「スターバックス」の国内普及に関与したと知られているため、その期待は大きいです。

ニューヨーク発! ハンバーガーブランド「Shake Shack®」とは?


「Shake Shack®」は、健康的に飼育されたアンガスビーフ100%のハンバーガーやホットドッグ、つくりたてのフローズンカスタードと呼ばれるデザートなど、素材や美味しさにこだわったメニューを提供するハンバーガーブランド。

NYにあるシェイクシャック



2004年のニューヨーク・マディソンスクエアパーク1号店のオープンにはじまり、ニュージャージー、ワシントンDC、コネチカット、ジョージア、イリノイ、ネバダ、ペンシルベニア、フロリダ、マサチューセッツ、バージニア、そしてロンドン、イスタンブール、ドバイ、モスクワを含む世界のさまざまなロケーションに店舗をオープンし続けています(2015年2月18日現在、9カ国64店舗に展開)。日本での出店は初!

その地域の人々が集う交流の場としても愛され、発祥であるニューヨークはもちろんのこと、世界中に熱狂的なファンを増やしています。多くのハンバーガー店がひしめき合うニューヨークでも行列の絶えない人気店。

清澄白河にオープンした「ブルーボトルコーヒー」の日本第一号店にはじまり、海外有名飲食ブランドの出店は大きな話題となる日本。「Shake Shack®」の出店は2016年に予定されていますが、日本国内ではどのように受け入れられるのか要注目になりそうです。

シェイクシャック