2つの勢力をイメージした、青と緑のLEDイルミが輝く

写真拡大

モバイル向け周辺機器やアクセサリーを「cheero(チーロ)」ブランドで展開するティ・アール・エイ(大阪市)は、モバイルバッテリー「cheero Ingress Power Cube(チーロ・イングレス・パワー・キューブ)12000 mAh」を、2015年2月中旬に発売する。価格は5980円(送料・税込)で、取り扱いはAmazonが行う。

購入者全員にゲーム内アイテムが入手可能なパスコードプレゼント

Googleの社内ベンチャーNiantic Labs(ナイアンテックラボ)が開発した、スマートフォン向けオンライン位置情報ゲーム「Ingress(イングレス)」公式ライセンスバッテリー。エージェント(プレイヤー)がデバイスの電池残量を気にせず活動を行えるよう、容量1万2000mAhを実現。ゲーム内の2つの勢力「Enlightened(エンライテンド)」と「Resistance(レジスタンス)」をイメージした、側面のボタンで切り替え可能な6パターンのLEDイルミネーションを搭載。

充電時間は約10時間で、1A、2.1Aの2系統の出力ポートを装備。バッテリー残量を4段階で示すインジケーターを搭載する。購入者には、ゲーム内アイテム「Jarvis virus」「ADA refactor」「Power Cube」が入手可能なパスコードがプレゼントされる。