ウクライナで停戦発効後も戦闘続く 親ロシア派が約20回の砲撃

ざっくり言うと

  • ウクライナでは、停戦が発効した後も散発的な戦闘が起きている
  • 17日だけで、新ロシア派が約20回の砲撃を実施したとウクライナ政府は発表
  • 親ロシア派は、東部デバリツェボのほとんどの部分を制圧したと主張している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング