「未来ちゃん」の写真家・川島小鳥の写真展「明星」が渋谷パルコで開催

写真拡大

風に吹かれたのか、アンバランスな黒髪のボブヘアでこちらを見つめる少女、満面の笑みでプリンをほおばる子供。いつか見たような風景の中に、どこかで会ったような人がいる。その写真には、胸の奥が温かくなるほどの懐かしさがあるのに、なにも思い出せない・・・。

2015年2月27日(金)から3月15日(日)まで、渋谷のパルコミュージアムで開催される川島小鳥写真展「明星」には、そんな不思議な魅力を持った写真がいっぱい。写真家・川島小鳥さんの写真は、ノスタルジックでありながら、どこにもない風景を切り取るという独特の世界観が魅力!

前作「未来ちゃん」(2011年)では、大きな瞳と赤いほっぺが印象的な佐渡の女の子を撮影して、その無邪気な表情の作品が話題となった川島さん。その後、制作の場を台湾に移し、3年間で7万枚以上の写真を撮ったそうで、今回はその集大成とも言える写真集「明星」と連動した写真展。展示総数は約150点で、東京では4年ぶりとなる大型の写真展なのだとか。

「実際は台湾を舞台にしていますが、写真を見ると、どの時代のどの地域で撮られたか分からなくなるような不思議な感覚を覚える作品が多いですね。決して観光写真ではないけれど、土地の魅力が伝わります。写真集の帯にあるように、地球そのものを『ここはぼくらのたのしい星』と捉える感性が、川島小鳥さん自身の魅力なのかもしれません」と、広報担当の天野さん。作品を見ているうちに、いつか自分の記憶の中の誰かと重ねてしまう、なんて感覚が味わえそうな予感も。

会期中には写真展と連動して、トークショーやイベントなども予定しているそうなので、ホームページの情報をチェックしてみて。