タンザニアでアルビノの幼児が誘拐 呪術に用いられた可能性も

ざっくり言うと

  • タンザニア北部で14日、アルビノ(先天性色素欠乏症)の幼児が誘拐された
  • 幼児が殺害されて、体の一部が呪術に用いられた可能性が危惧されている
  • タンザニアでは呪術に使うとして、アルビノの人々の遺体が売買されている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング