選挙権年齢を「18歳以上」に引き下げる法案を提出へ

ざっくり言うと

  • 与野党は、選挙権年齢を「18歳以上」に引き下げる公選法改正案を提出する
  • 実現すれば、16年には約240万人の未成年者が有権者に加わる
  • 選挙権年齢が変わるのは、1945年に「20歳以上」へ引き下げられて以来

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング