写真提供:マイナビニュース

写真拡大

2月22日に行われる「東京マラソン2015」の開催に先立ち、BMWジャパンは同大会終了後、大会の先導車を務める「BMWアクティブ ツアラー」にて、自宅までスタッフドライバー付きで試乗して帰ることのできる権利が当たるキャンペーンを実施する。

BMWは、2011年から東京マラソンの公式スポンサーを務めており、今回が5年目。「東京マラソン2015」では、先導車や大会車両として同社のBMWアクティブ ツアラーをはじめ、幅広いラインアップの車両を提供するほか、付随して様々なキャンペーンを実施し、ランナーを応援している。

「先導車BMWアクティブ ツアラーで帰ろう!! “ご褒美ドライブ”が当たる!」と題して行われる今回の企画。2月19〜21日の間、東京・有明にある東京ビッグサイト「東京マラソンEXPO 2015」内のBMWブースでその抽選会が行われる。対象となるのは、東京マラソン2015の参加資格者のあるフルマラソンランナーで、BMWのアンケートに協力した人。その場で抽選し、当選者が決まる。当選は2人で、各当選者は最大大人2名まで同乗させることができる。目的地は1組につき1カ所。会場からおおよそ2時間以内に到着できる場所に限る。また、当選者は、東京マラソン2015の参加後、試乗の前にゴール地点にある「ホテルトラスティ東京ベイサイド」のスイートルームで休憩できる特典までついてくる魅力的なキャンペーンとなっている。

さらに、マラソンランナー藤原新氏監修のランナー向けアドバイスマップを、19日から始まる「東京マラソンEXPO 2015」内のBMWブースで配布する。

ほか、21日まで参加ランナーへの応援メッセージを募集するキャンペーンも実施中。メッセージは、TwitterまたはFacebookにログインして投稿でき、東京マラソンEXPO会場BMWブースのモニターで紹介されるほか、一部のメッセージは、大会当日にコース区間内にある、新宿・ユニカビジョンと有楽町・外堀通りのマリオンビジョンに表示される。

(神野恵美)