2月13日(金)から15日(日)まで開催されたジャパンゴルフフェアの最終日、タイトリストブースのトークショーイベントに同社と2011年から契約を結ぶ菊地絵理香が登場。オフトレーニングの話題や今季の目標をファンに報告した。

 オフは実家の北海道に帰りトレーニングを続け、先週まで宮崎で合宿をしていたという菊池。瞬発力・スタミナを鍛えるためにダッシュ、30分走などの走り込みと、ウエイトトレーニングを重点的に取り組んだという。
 
 トークショーに集まった観客から“今季の一番見て欲しいプレーは?”を問われると「今年は、パーオン率ランキングで1位を獲りたい(2014年は11位)。オフの間でアイアンの精度を高める練習に取り組んでいます」と目標を語った。
 「(使用する)VG3アイアンは非常にコントロールしやすいアイアンです。高い球で攻めることができるので硬いグリーンでも止めやすい。しかも高く上がるんだけどキャリーもしっかり出てくれるし、無理につかまえにいかなくてもつかまった球が出る」と目標を達成するための相棒には全幅の信頼を寄せている。
 昨季は『富士通レディース』『NEC軽井沢72ゴルフトーナメント』でプレーオフに破れ、本当にあと一歩のところで初優勝を逃した菊地。ファンとともに悲願の初優勝を誓ってトークショーを終えた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【JGF潜入レポVol.1】PINGゴルフのテーマは “3パット撲滅”
【JGF潜入レポVol.2】キャロウェイは“超やさしい”進化型2ボールパターに注目!!
菊地絵理香の特選フォトギャラリー
中嶋常幸が語る、松山英樹の強さを支える武器
ALBAの毎日プレゼント!2月はダンロップ月間!!