●私が忘れたあの娘

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
(C)2015 イク二ゴマモナカ/ユリクマ二クル

<キャスト>

百合城銀子:荒川美穂
百合ヶ咲るる:生田善子
椿輝紅羽:山根希美
ライフ・セクシー:諏訪部順一
ライフ・クール:斎賀みつき
ライフ・ビューティー:山本和臣
泉乃純花:小倉唯
百合園蜜子:悠木碧
百合川このみ:小清水亜美
針島薫:日笠陽子
箱中ユリーカ:井上喜久子
椿輝澪愛:遠藤綾
鬼山江梨子:伊瀬茉莉也
赤江カチューシャ: 伊藤美来

●ストーリー

あるとき、宇宙のかなたで『小惑星クマリア』が爆発した。
こなごなになったクマリアが流星群になって地球に降り注ぐと、何故か地球上の『クマ(熊)』が一斉に決起し、人類に襲いかかった!『ヒトVS クマ』クマはヒトを食べ、ヒトはクマを撃ち、果てのない戦いと憎しみの連鎖。やがて、ヒトとクマの間には巨大な『断絶の壁』が築かれ、互いに不可侵な状態となった…。

ヒトの世界。
ある朝、嵐が丘学園の生徒、椿輝紅羽(つばき くれは)と 泉乃純花(いずみの すみか)は二人きりで花壇に咲いた「百合の花」を見ていた。二人は『友だち』であり【 恋人 】。花壇は二人にとって大切な場所なのだ。見つめ合う二人。そのとき【クマ警報】がけたたましく鳴る!クマがヒトの世界に侵入し、ヒトが襲われたのだ!
そのクマは果たして…?謎が謎を呼ぶ怒涛の連続!『ユリ熊嵐』が華麗に開幕!
●オープニング
椿輝紅羽が幼い頃に出会っていた友達。名前も顔も思い出せないけれど…。何故思い出せないのでしょうか?

百合城銀子「君に私のスキを教えてあげる。」


椿輝紅羽が見た百合城銀子との夢。何故百合城銀子はあの絵本の内容を知っている?その理由は…。
●クマリア様
椿輝紅羽「クマは私が殺したんじゃ…?」

針島薫がレズセッ○スの快楽に溺れている最中、その相手が実はクマ!そして彼女は食べられてしまいます。

箱中ユリーカ「クマは澪愛だけではなく私達の絆の証である星のかけらも奪っていったわ。」

孤児であった 百合城銀子はクマの世界では虐げられてきました。それがクマリア流星群によってクマの一斉蜂起のさい、彼女もヒトを食べ続けました。

百合城銀子「これで私もヒトリカブトの銀子じゃなく私にもスキを与えられる!」

但し、現実は何も変わらず彼女は倒れてしまいます。そこに手を差し伸べたのは…。
●私が忘れたあの娘
椿輝紅羽「私は貴方が好き!」
百合城銀子「クマリア様…。」

出版されなかった椿輝澪愛の絵本にしかないはずのクマリア様、そして百合ヶ咲るるが作ったハニージンジャーミルク。そこでぼんやりとしていた椿輝紅羽の記憶が鮮明に思い出されます。

椿輝紅羽「なぜ私は今まで忘れていたんだろう…。」
椿輝紅羽「見つけた。私が貴方の友達。あの子だったのね。」

「ユリ熊嵐」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

 

【ライター:清水サーシャ】

 

【関連記事リンク】
【アニメ】「ユリ熊嵐」第6話「月の娘と森の娘」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ユリ熊嵐」第5話「あなたをヒトリジメにしたい」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ユリ熊嵐」第4話「私はキスがもらえない」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ユリ熊嵐」第3話「透明な嵐」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ユリ熊嵐」第2話「このみが尽きても許さない」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「ユリ熊嵐」TVアニメ公式Webサイト
「ユリ熊嵐」AT-X公式Webサイト