第9回サンテティエンヌ国際デザインビエンナーレ2015 出展作品/ヤマハWebサイトより

写真拡大

楽器の製造などを手がけるヤマハと、オートバイなどを製造するヤマハ発動機は、フランスのサンテティエンヌ市で現地時間の3月12日から4月12日まで開催される「第9回サンテティエンヌ国際デザインビエンナーレ2015」に参加。3月12日から22日まで共同出展を行う。

ヤマハの企業ブース出展としては、2013年につづき2回目となり、ヤマハとヤマハ発動機の共同では初めての出展となる。

ヤマハの技術力とデザインを結集した美しい出展作品


楽器をデザインするヤマハと、主にオートバイなどをデザインするヤマハ発動機の各デザイン部門が、お互いのデザインフィールドを交換し、生産・商品化の制約に縛られることなく、それぞれの作法や考え方でデザインを提案するというプロジェクト「project AH A MAY(プロジェクト アーメイ)」によって製作された作品4点が展示される。

「モーターサイクル /  √(ルート)」


馬をモチーフとした流れるようなフォルムで、人と自然と乗り物の一体感を目指した。ヤマハのデザイン研究所による作品。

モーターサイクル :  √(ルート)/ヤマハWebサイトより



「電動アシスト自転車 / 0±0(ゼロプラスマイナスゼロ)」


充電スタンドに設置し、自らペダルを漕いで充電する。電池を持ち出し、電気機器にも使用可能。ヤマハのデザイン研究所による作品。
電動アシスト自転車 : 0±0(ゼロプラスマイナスゼロ)/ヤマハWebサイトより
h3「ドラムス / RAIJIN(God of the Thunder)」/h3
ドラム楽器の球体の中で、暴れまわるように演奏できる。ヤマハ発動機のデザイン本部による作品。
img src="http://kai-you.net/press/img/c48deaf0cb08a8b48291236dca07730d.jpg" alt="ドラムス : RAIJIN(God of the Thunder)/ヤマハWebサイトより"" width="606" height="455" class="alignnone size-full wp-image-84163" />

「マリンバ / FUJIN(God of the Wind)」


モーターサイクルの2人乗りさながらの奏法が可能な、2人用のマリンバ。ヤマハ発動機のデザイン本部による作品。

マリンバ : FUJIN(God of the Wind)/ヤマハWebサイトより



これまでにも、ヤマハとヤマハ発動機は、デザインの分野において、国際グラフィックデザインコンペ「Graphic Design Award by Yamaha」や、グッドデザイン受賞作品の共同展示「グッドデザインエキシビション」、「東京モーターショー」での楽器展示など、同じブランドを共用する企業として様々な合同企画を展開してきた。

世界屈指の製造メーカーである両者の展示作品は、フランス現地で、どうのような反応と評価を得るだろうか。